kwonsanwoo_160307俳優クォン・サンウ(39)が、近況を公開した。

クォン・サンウは先ごろ、中国・湖南TVで放送予定のドラマ「久しぶりです」の撮影を終え、韓国に帰国した。クォン・サンウがは劇中、主人公チョ・ソンジュン役を担った。

撮影を終えて韓国に帰国したクォン・サンウは、家族と共にオーストラリア旅行に出かけるなど、大部分の時間を家族と過ごしている。今週、休暇を終えた後、新たな中国ドラマの撮影のために、再び中国に向けて出発する予定だ。

そんな中、クォン・サンウは「海外での全ての瞬間が挑戦であり、新鮮だ。中国での撮影はいつもとても楽しい作業で、自分の性格とも合っているため楽しんでいる」と伝えた。中国で様々なジャンルを消化しているクォン・サンウは「海外の作品だからといって、異なる点はない。ストーリーの力が最も重要」とし、作品を選択する際の思いを明かした。

ことしでデビュー16年目を迎えるクォン・サンウは「韓国、日本、中国など、どの国でも遅れをとらない俳優として残っていきたい。韓国では年齢に合うドラマ、映画で代表作を作り上げていくことが目標」とし、今後の抱負を述べた。また「魅力的な悪役にも挑戦したいし、コミカルな役柄も演じてみたい」と演技に対する終わりのない”欲”を明かした。