DSC_3309L.A.U(エルエーユー)と言うブループ名を聞いても“初めて聞いた、誰?”と思う人も多いかもしれない。「LU:KUS」が改名し、新しくつけたグループ名が「L.A.U」だ。

DSC_3779昨年6月に日本で初めてのライブをおこなった5人組男性アイドルグループLU:KUS(ルーカス)。歌、ダンスともに実力派なうえ、高身長で容姿端麗という恵まれた資質を持っている5人が集まったグループ。今年2016年2月17日に『Break Ya』で日本デビューし、その名の通りアッという間に大ブレイク!新人ながら オリコンデイリーチャート最高2位を獲得した。そんなLU:KUSは さらに飛躍を遂げるため、グループ名をL.A.Uと変え 気持ちも新たに 第一歩を踏み出した。日本では2016年6月24日から、L.A.Uとしての初めての公演がスタートした。LU:KUSという名前に愛着を持っていたファンも、今ではすっかりL.A.U(エルエーユー)という名に馴染み、変わらず彼らを愛している。

DSC_4069L.A.Uとしてのステージは果たしてどんな風に? 2016年6月28日 14時公演をレポート。平日昼だというのに、ファンでいっぱいに埋まったK-Stage O!(東京 東新宿)は、開演前から熱気に包まれていた。オープニング映像が流れたあと、彼らが登場すると、あちこちからメンバーの名前を呼ぶ声が飛び交った。『So Into U』で最初から飛ばしていく。

DSC_3873「L.A.Uのライブへ ようこそ!」と挨拶すると、L.A.Uというグループ名は”LU:KUS And U”(And Uはファンの呼称)から名付けたものだと説明した。LU:KUSという名前が込められていることで、自分たちが変わってしまったわけではないということを伝えていた。これまでもそしてこれからもずっとAnd Uと一緒にいるという言葉にファンも感極まっていた。

平日昼にもかかわらずほぼ満員の客席を見渡し、
チョイ:今日は火曜日・・・。仕事がある日だけど…。みんな休みですか?(笑)
ヘウォン:いや、夜に仕事があるんでしょ?(笑)
そんなブラックジョークを言いながらも、ファンで埋め尽くされた客席を嬉しそうに見つめるメンバーたちは口々に感謝の言葉を述べていた。

DSC_4098『美しい』『香しい』はチョイが作った美しいメロディ。曲に合わせて、ファンからの大きなコールが会場中に響き渡る。歌い終わるとファンからメンバーの名前を呼ぶ声が止まらず、メンバーは嬉しそう。
チョイ:わかった、わかった(笑) 毎日名前呼んでくれてほんとにありがとうございます。

DSC_3699カバー1曲を披露したあとスタンドマイクが登場し、チョイ作の 『男は愛を忘れない』を歌った。相変わらず彼らの歌は本当にうまい。そしてジンワンのラップもいい感じで混じり合い相乗効果でますます曲を引き立てる。実力派だということを再認識した。曲の合間に入れるトークも、通訳を入れずに頑張っていた。まだまだ十分ではない日本語だが、ファンとの絆で意思の疎通がしっかりとできていた。 言いたいこと、伝えたいことはちゃんとファンに伝わっていた。

DSC_4024カバー曲も、自分たちのオリジナルのように見事に歌いこなす。そして、L.A.Uのもう一つの大きな武器であるダンスも本当に綺麗に揃っている。 メンバー内の仲がうまくいっているから、ダンスもシンクロする。『Begin』を歌い終わると
チョイ:愛が冷めてしまって別れたあとで、もう一回再会してスタートしよう…。そういう意味の歌詞なんですが、難しくて、最初よく理解できなかったんです。 理解するのに時間がかかりました。
ヘウォン:あ、僕・・・。昨日の夜、ちょっと時間があったので、自分が好きな曲3曲をMIXしていました。 1曲目はDavichi先輩、2曲目はINFINITE先輩、3曲目はアメリカのYlvisの『The Fox』。 この曲をつなげたのをちょっと披露しますね(笑)

DSC_3627そう言うと、ヘウォンとチョイは この3曲をミックスしてアカペラで少しだけ披露した。Davichiなどの曲に『The Fox』が合うのかと思ったが、うまくMIXされていた。どうやらヘウォンはミキサーとしての才能もあるようだ。

チョイ:昨日寝る前にヘウォンさんから「明日この曲MIXしたものを、みんなに聞かせたいんだけど」と言われました。
ドンヒョン:ところで楽屋ではジンワンはやんちゃ坊主なんです。
チョイ:すごく元気なんです。 みんなが疲れていても「わ~~!」って騒いだり。ほんとに元気で。
ヘウォン:ジンワンは最近、運動をして鍛えているんですよ。 ちょっとポーズをとってみて!

DSC_3889話をふられたジンワンは、ボディービルダーのようなポーズを何度もとり、筋肉がついてたくましくなった様子を披露して会場を沸かせた。 そのポーズをとるときにつける表情が茶目っ気たっぷりで、末っ子ジンワンらしい様子にファンはみんな笑顔になった。

チョイ:本当に末っ子は元気。楽屋では、寝てるか、元気にしてるかのどっちか(笑) ステージでも元気にしてね(笑)
ジンワン:はいっ、わかりましたっ(笑)
おもしろいポーズをとり続けるジンワンに、ドンヒョンは笑い転げながら
ドンヒョン:ジンワン~、あとで病院行ったほうがいいよ。 頭の中の写真を撮ったほうがいいよ(笑)
ジンワン:頭は元気だよ~(悪いところはないです)
チョイ:今日、ほんとにジンワンは頑張ったね。

兄たちは末っ子の無邪気な様子がたまらなくかわいいようで、みんな目を細め、優しい表情で末っ子ジンワンを見つめていた。笑いすぎて、ステージのカーテンの裏に逃げ込んでしまったドンヒョン。 かわいい末っ子のおかげで、みんなが大笑いで楽しい気分になったトークタイムだった。

ジンワン:次は僕のソロです。

DSC_3608先ほどまでの、 ふざけて茶目っ気たっぷりだった表情とは一変して、最高にかっこいいソロステージをみせたジンワン。 迫力あるラップを聞かせた。

1DSC_3616メンバー全員が再びステージに登場し『大変だ』を歌った。この曲はいつも会場がとても盛り上がる。 彼女との待ち合わせがあるのに、渋滞でなかなかたどり着けない、焦る気持ちを表現したこの曲を感情豊かな表情で歌った。ここから一気に盛り上がるナンバーで進行した。 大ノリの曲が続き、会場のボルテージはどんどん上がっていく。全力で歌い踊るメンバーの顔や体に光る汗も半端ない。 アップテンポの曲が続くが、メンバーのステップは軽やかだった。
DSC_4300最後の曲、今年2月の日本デビュー曲『Break Ya』を歌うと、
ドンヒョン:ありがとうございました!
ジンワン:はいっ!
ドンヒョン:感謝します。
ジンワン:はいっ!
ドンヒョン:感動しました
ジンワン;ははん(笑)
(ファンから名前を呼ぶ声が止まることがなく、それを聞いて)
ドンヒョン:うれしいね~~
チョイ:ありがとうございます
キョンジン:ありがとう!

DSC_4185アンコールの声が響きメンバーが登場すると、歓声はますます大きくなった。『星』は ファンのことを星にたとえて作ったファンへの贈り物の曲。 この曲をファンと一緒に歌いながら、感謝の気持ちを示していた。本当にステージが楽しくて仕方ない様子だった。楽しい気持ちを残して、公演は終了した。 このあと、チェキ会や握手会、フォトタイムなどで、ファンとの交流を深めた。7月に再来日予定のL.A.U。先日、今年9月にヘウォンが入隊することが発表になった。寂しい、悲しい気持ちを払拭できるように心から楽しめるステージを心がけているのが伝わってきた。今後も彼らから目が離せない!
DSC_3772

L.A.U Japan Concert “LOOK AT US”

7月18日(月)ハーモニックホール
13時、18時ライブ
チケット5,000円

7月19日(火)K STAGE O!
サイン会イベント(詳細は後日発表)
14時、19時イベント
入場無料、サイン券有料

7月20日(水)K STAGE O!
14時、19時ライブ
チケット5,000円

7月22日(金)K STAGE O!
14時、19時ライブ
チケット5,000円

7月23日(土)青山DDDホール
L.A.U 1st ファンミーティング
13時、18時
チケット6,800円

7月24日(日)K STAGE O!
13時、18時ライブ
チケット5,000円
チケット購入はコチラ⇒http://hy-ent.com/information/lau-events/?sess=new

★L.A.U 公式Twitter⇒https://twitter.com/LAUJP_Official
★L.A.U 公式ブログ⇒ameblo.jp/lukusclub/
●HY ENTERTAINMENT 公式Twitter⇒https://twitter.com/HY_ent_official
●HY ENTERTAINMENT 公式HP⇒hy-ent.com