161010_btob_6488_s
大好きなアイドルとおうちデートできたら…ファンならば誰もが憧れるシチュエーション。 そんなファンの気持ちを叶えてくれるステキなイベントがおこなわれた。

K-POP界の実力派ヒーリングアイドルBTOB(ビートゥービー)が、等身大の自分たちを見せたいと、2016年10月10日(月・祝)に、ファンミーティング 『BTOB FAN MEETING 2016 ~オレンチコイヨ come to my house~』を東京ドームシティホール(東京 文京区)で開催した。 『彼氏(BTOB)の家(=オレンチ)に彼女(=ファン)を誘って、今日は初めてのおうちデート』がコンセプト。 一体どんな姿を見せてくれるのか…開演前から、Melody(BTOBのファンの呼称)はドキドキ。

まずは、彼女を迎えるために お部屋の準備をしたり、招待状を作っている…見ているだけでワクワクする映像からスタート。 いつもの公演もこんな風に一生懸命Melodyを迎えるために、毎回いろいろな準備しをているのだろう。

ソファーセットなどが置かれたBTOBの部屋に見立てたステージに登場したのは ラフで親しみやすいファッションに身を包んだBTOBメンバー。 リラックスした表情で『Magic Time』『Go for it』の軽快なサウンドに乗って歌い踊り、爽やかな風を会場に送り込んだ。 いよいよ楽しいデートのはじまりだ。
161010_btob_0074_s
161010_btob_0191_s

挨拶と自己紹介を済ませると、司会進行役のAKIとともに最初のゲームコーナー『BTOBとお絵かきリレー』が始まった。
%ef%bc%91%ef%bc%95
ウングァンのチームにはプニエルとイルフンとMelodyが3人、ソンジェのチームにはミンヒョク、チャンソプ、ヒョンシクとMelodyが2人入って、2チームで対戦する。
最初の人のみがお題を見て、それをどんどん絵で伝言して最後の人まで伝わるかを競うゲーム。 ゲームの説明や準備をしている間も、とにかく自由なBTOBは 最近とても上達してきた日本語で 司会のAKIをイジったり、ツッコミを入れたり…。 そのタイミングが絶妙で、とにかく笑いが絶えない。
%ef%bc%92%ef%bc%92
%ef%bc%92%ef%bc%93
%ef%bc%92%ef%bc%98
%ef%bc%93%ef%bc%93
前の人の描いた絵が何かわからず困り果てたり、よくわからない絵を描いた前の人をわざとにらんでみせる茶目っ気も見せ、笑いを誘う。
ソンジェがお題を見て描いたカバを、次のチャンソプは大きくあけた口にとても大きな歯を描いてしまい大爆笑となった。 そのカバは、続くヒョンシクのところでは くま に変化していた。
歌もダンスも何でもこなせるBTOBだが、絵の才能はとても個性あふれるものだった。 爆笑続きの このコーナーは 接戦だったがウングァンチームの優勝となった。
%ef%bc%93%ef%bc%94
%ef%bc%93%ef%bc%95
%ef%bc%93%ef%bc%98
%ef%bc%94%ef%bc%91

楽しいゲームのあとは 雰囲気が一変し、せつない歌詞のバラード曲『Beyond The Time』をしっとりと聞かせた。続いて『It’s Okay』では美しい高音、すばらしいハーモニーを聞かせた。 改めてBTOBの歌の実力を感じることができた。
%ef%bc%94%ef%bc%94

メンバーが袖に はけると、VTRが流れた。 それぞれが好きなこと、大切にしているものを紹介していた。 チャンソプはゲームとコーヒーを飲むことが好き、ソンジェは 釣りが好きでヒーリングを求めて釣りに行く、プニエルは よく行くショップ店員に勧められたネックレス、ヒョンシクは 自分へのプレゼントに買ったピアノで、それを使ってMelodyたちへの曲を作りたい、ウングァンはデビューした時に買った財布を大切に今でも使っている、ミンヒョクは MP3やiPadを大事にしていてその中にはメンバーの古い写真なども記録されている、イルフンはキーボードを大事にしていて自分の真剣な姿をファンに見せたいと語っていた。
VTRが終わって「今日はとても大切な日です。」と言いながら登場したのは なんとパジャマ姿のキュートすぎるBTOB! パジャマ姿でくつろぐBTOBとのおうちデート!
161010_btob_1730_s
161010_btob_1736_s
『2度目の告白(JPN ver.)』、『Happening』をリラックスした表情で楽しそうに歌うと、再び司会のAKIもステージに登場し、2つ目のゲームコーナーとなった。 その名も「ツイストゲーム」。 マットに赤や黄色、緑、青、紫色の○がたくさん書かれていて、 ルーレットをまわし、出た色の場所に 出た手・足を置くというもの。(例:左手を青、右足を緑・・など)  最初は余裕の顔をしていたメンバーだが、ゲームが進むにつれ、からだが もつれたりすべったりして、必死の表情になっていった。 ゲームをしながら いたずらっこのチャンソプはウングァンのお尻をツンツンしたり、相手の顔を真剣に見つめたりして笑いを誘った。 パジャマ姿でゲームに いそしむメンバーたち。 本当にホームパーティーに招かれているようで、MelodyもBTOBもゲームを心から楽しんだ。
%ef%bc%94%ef%bc%95
%ef%bc%95%ef%bc%92

再びメンバーが袖にはけている間、枕投げをしたり 、10年後の自分について語るBTOBの姿がスクリーンに映し出された。
イルフン「10年後は 今よりもっと輝いている。 10年後も愛される音楽家でいたい。」
ヒョンシク「音楽的に韓国だけでなく世界で認められるようになりたい。 他の芸術面でも輝きたい。」
ウングァン「10年後もMelodyと一緒にいたい。 奉仕活動をしながら、BTOBとして活動したい。」
など、ますます頑張る意欲を見せた。

再びステージに登場し『STAR』を歌うBTOBは 黒をベースにしたシックながらスタイリッシュな衣装を着ていた。
ミディアムテンポナンバーを踊るBTOBが ふっと見せる表情はセクシーで、大人の男性の魅力に溢れていた。 続く『未来(あした)』を歌い出すと、Melodyも一緒になって大きな声で歌っていた。
161010_btob_3314_s

緊急告知として 12月にアルバム発売、12月4日は大阪、12月9日は東京でコンサートを行うことが発表された。
161010_btob_2939_s
最後に ひとりずつ ファンへのメッセージが告げられた。
プニエル「アルバムが出たらたくさん愛してください。 みなさん、今日は来てくれてありがとうございます。」
チャンソプ「見に来てくれて本当にありがとうございます!」%ef%bc%96%ef%bc%93
ミンヒョク「今日もとても楽しくて幸せでした。 時間があっと言う間にすぎてちょっと残念ですが、今後もこのような場があると思うので、その時は欠かさず来てくださいね。 約束しろ~~!(笑) ありがとうございます。」%ef%bc%96%ef%bc%94
ウングァン「今日のファンミーティングのタイトルが “オレンチコイヨ”だったので 雰囲気がよくて、自分たちの家にいるみたいにリラックスできました。 温かかったです。 」
ソンジェ「今年の冬はいいことばかり起こりそうですね。 韓国のレコーディングや、日本のアルバムの準備もしています。 新しい姿を皆さんに見せてあげるよ(笑) 」(と、かっこつけるソンジェに大爆笑が起きた)
イルフン「いつもお互いに愛し合いましょう。 MelodyもBTOBメンバーもいつもいつまでも愛し合いましょう。 あ・り・が・と・う。世界平和!」%ef%bc%96%ef%bc%96
ヒョンシク「今日は来てくれて本当にありがとうございました。 これからも 死ぬまでMelodyの前でMelodyの顔を見ながら歌いたいです。」
ファンをバックに記念写真を撮ると、いよいよ最後の曲となった。
イルフン「次の曲はすごく盛り上がれる曲ですね! 皆さん次の曲とBTOBを四六時中愛してくださいね~! 一緒にたくさん走りましょう!」
『Beep Beep』のナンバーに合わせ、軽やかにステップを踏みながら、歌い踊った。 歌い終わると「ありがとうございます。」と言ってステージをあとにした。
161010_btob_3555_s

自然と「BTOB! BTOB!」というアンコールを求める声があちこちから沸き起こった。
『SHAKE IT』の軽快なリズムに合わせ現れたBTOBは、なんと客席へおりて、歩き始めた。 ファンをいつも大切にしているBTOBらしい演出だった。 ファンは近くに来たメンバーたちを見て、大喜びをしていた。 イルフンとウングァンがステージ中央で楽しそうに踊る姿も見られた。
『BLOWIN‘』では、走るようなメロディに乗せて爽やかな笑顔を見せた。 何度も何度も「ありがとうございます!」「また会おうね~。」と言いながら、とても名残惜しそうにステージを去った。
%ef%bc%97%ef%bc%95
%ef%bc%99%ef%bc%92

BTOBの公演は、いつ見ても間違いなく心から楽しめる。 自由奔放だけれども、ハチャメチャではない。 ひとりひとりがその場を読んで見事な返しをして盛り上げる。 そして歌もダンスも見事で、パフォーマンス面でも とても満足できる。 トークのひとことひとことに BTOBの人柄が にじみ出ている。 そしてグループ内がとてもうまくいっているのがよく伝わってきて、見ていて気持ちがいい。
見る側の気分を爽快にしてくれる、それがBTOB。 アルバム発売やライブも決まり、再びBTOBと楽しい時間を過ごせる12月がとても楽しみだ。
161010_btob_3185_s
161010_btob_6499_s

BTOB Official WebSite ⇒ https://btobofficial.jp/
BTOB Official Twitter ⇒ https://twitter.com/BTOB_JPN

◆ BTOB SPECIAL CONCERT 『Christmas Time!』開催決定!!

【日程・会場】
<<大阪日程>>
@ グランキューブ大阪
2016年12月4日 (日)
開演17:00(開場16:00)
※開場/ 開演時間は変更になる場合がございます。

<<東京日程>>
@ 東京ドームシティホール
2016年12月9日 (金)
開演19:00(開場18:00)
※開場/ 開演時間は変更になる場合がございます。
——————————————————————————————————————————
【販売価格】
<大阪公演>全席指定 ¥8,800(税込)
<東京公演>全席指定 ¥8,800(税込)
※3歳以下入場不可、4歳以上有料
※お1人様各公演4枚までご購入可能
——————————————————————————————————————————
【主催】
KISS Entertainment Inc.
——————————————————————————————————————————

お申し込みはコチラから⇒https://kissent.tstar.jp/cart/events/9195

【チケットお申し込み】
◇一般販売
2016年11月11日(金)10:00 〜

※チケット発券・配送日程等の詳細は追ってお知らせいたします。
——————————————————————————————————————————

【注意事項】
◆チケットは完売次第、販売を終了させていただきます。
◆公演・日時・枚数はよくご確認いただいてから、ご購入をお願いいたします。決済完了後のキャンセル・申込内容の変更などは行っておりません。
◆お申し込みについて
・1注文につき1公演までのお申し込みになります。
・複数公演お申し込みの方は再度ログインしてお申し込みをお願いいたします。
・チケット1枚につき¥250(税抜き)のシステム手数料を戴いております。
◆決済方法:クレジット、コンビニ支払い(セブンイレブンのみ)
・セブンイレブン決済は1申込当り手数料¥150(税抜)戴いております。
・コンビニでのお振込みの際、ご入金確認メールはいたしておりません。
振込用紙の控えを必ず保管いただきますようお願いいたします。
◆チケット受取方法:宅配便にて配送、又はセブンイレブン発券をお選びいただけます。
・宅配便は1お申し込みにつき¥600(税抜)の送料を頂いております。
・セブンイレブン発券は1枚につき手数料¥100(税抜)を戴いております。
◆配席方法
チケット座席番号はコンピューターによるランダム抽選となり、チケットの発送をもってのお知らせとなります。
座席番号等に関するお問い合わせには対応致しかねますので、ご了承ください。
◆配信メールに関して
携帯電話、スマートフォンの各キャリアの受信拒否設定によって、購入確認メールが受け取れない場合がございます。
kissent@tstar.jpのドメイン指定受信許可設定を必ず【お申し込み前に】行ってください。

【公演に関する問い合わせ】キッス・エンタテインメント
TEL:03-3770-5111(月~金 10:00~18:00)

◆ BTOB Japan 1st ALBUM 『24/7 (TWENTY FOUR/SEVEN)』
[発売日] 2016年12月7日(水)
[発売元] KISS Entertainment Inc.
[販売元] KISS Entertainment Inc.

■初回限定盤A(CD + DVD + PHOTOBOOK + トレーディングカード)
[DVD]ミュージックビデオ+メイキング映像
価格:3,611円+税

■初回限定盤B(CD + DVD + PHOTOBOOK + トレーディングカード)
[DVD]Zepp LIVE ダイジェスト映像
価格:3,611円+税

■通常盤 Type-A(CD+トレーディングカード+ランダムオリジナルグッズA)
価格:2,407円+税

■通常盤 Type-B(CD+トレーディングカード+ランダムオリジナルグッズB)
価格:2,407円+税

★アルバム販売情報&発売記念イベント日程はこちら⇒https://btobofficial.jp/archives/4929
★発売記念イベント特典会内容はこちら⇒https://btobofficial.jp/archives/4962