A17
2017年1月25日、ついに100%(ヒャクパーセント)が 『How to cry』で日本デビューを果たした
2012年9月に ミニアルバム『WE, 100%』で韓国デビューを飾るや、男性美が溢れ出すパフォーマンスでK-POP界に 大きな衝撃を与えた。 2014年7月発表した『100% Cool Summer Album‘SUNKISS’』以降 約2年間を充電期間として費やし2016年10月『TIME LEAP』で韓国ミュージックシーンに待望のカムバック。そして100%の勢いは止まることなく、そのまま今回の日本デビューへと繋がっていった。

日本デビュー曲『How to cry』発売当日、イクスピアリ2F セレブレーション・プラザ(千葉県浦安市)にて、リリースイベント(公開会見&ミニライブ、CD購入者特典会)を行った。
真冬の屋外でのイベントだったが、会場には多くのファンが 100%の日本デビューをお祝いするためかけつけ、開演前から熱気がたちこめた。

100%がステージに登場すると、大きな歓声が青空に響き渡った。
A4
ファンからの大きなコールとともにパワフルに『How to cry』を歌い踊った。 たったひとつの嘘が招いた男の悲哀を描いたこの曲を、せつない表情を浮かべながら一糸乱れぬ熱いダンスパフォーマンスで100%の魅力と実力を見せつけた。 歌い終わると先ほどまでのせつない表情とは一変し、チャンヨン・ミヌ・ヒョクジン・ロクヒョン・ジョンファンの順に さわやかな笑顔で挨拶をした。 司会のウ・キリュウ氏とともに会見がスタートした。
A11

◆本日発売の 『How to cry』について教えてください。
ミヌ 「『How to cry』は僕たちの日本デビューシングルのタイトル曲です。好きな女性と別れてしまった男性の悲しい感情を込めた、強いビートのかっこいいダンス曲です。期待してください!」
M1

◆他の収録曲についても紹介してください。
ミヌ 「今回、その他に3曲の収録曲があります。『Eternal』・『snow』・『Sweet Memories』の 3曲です。『How to cry』とは また違った感じの曲になっています。」

◆待望の日本デビューが決まった時はどんな気持ちですか?
チャンヨン 「期待半分、ワクワク半分、そしてさらに心配も半分・・・。 日本でデビューするということで、ちょっと緊張もしましたね。」
C3
ヒョクジン 「僕は活発に活動できるということが、とても嬉しかったです。 そしてもちろん少し心配にもなりました。 日本でデビューを迎えるので、普段以上に一生懸命練習に臨みました。」
H2
ミヌ 「僕たちはとても長い間充電時間がありましたよね? 韓国で充電期間を破ってカムバックし、日本でもまた活動を再開できるという話を聞き、 “ついに来る時がきた!!!”と思いました。 」
そう力強く述べると、客席から大きな歓喜の声が上がった。
M9

◆『How to cry』 MV(ミュージックビデオ)の見所を教えてください。
チャンヨン 「MVは、僕たちそれぞれ 違うコンセプトで出演しています。 それぞれが別れた彼女のことを想い、恋しく思う姿を、それぞれ別の場所で撮影したので、この人は きっとこういう状況で別れたんだ、この人は きっと こういう気分なんだな…ということがわかっていただけると思います。」
C8

◆今回たくさんのリリースイベントをおこなっていますが、思い出に残っているようなことはありましたか?
ロクヒョン 「いつもリリイベのたびに、皆さんがたくさんの思い出を作ってくださっていますが、今は寒い時期なのに今日のような屋外でイベントをおこなう場合でも、ファンの皆さんがずっと僕たちを待っていてくださる…そのことにとても感動しました。」
R8
ミヌ 「ここ(イクスピアリ)は、僕たちが初めて日本でリリースイベントをおこなった場所なんです。 韓国で(2016年10月)リリースした『TIME LEAP』のリリースイベントだったんですが、その時 すごく緊張していて、ミスしてしまいました…。 でも誰も気付かなかったと思います(笑) どんなミスかと言うと…(笑) あまりにも緊張してしまって僕とジョンファンが対称の向きになるはずが、僕は反対を向いてしまいました。 でも同じようにジョンファンも同時にミスをしたんです。 お互いが本来と反対の方向を向いたため、うまく左右対称になったんです(笑) だから誰も気付かなかったはずです。 二人で目が合って・・・『あ、こうやって目が合ってる場合じゃないぞ』って思いながら・・・(笑)」
ジョンファン 「僕たち、間違っていないように ちゃんと演技しましたから!(笑)」
ロクヒョン 「その時、僕はすごく戸惑いました・・・。 二人は一体どこ見ているんだよ~って(笑)」
R9
ミヌ 「僕はジョンファンと目が合った瞬間、『角度だけでもちゃんと合わせよう!』と、思いましたよ(笑)」
楽しいエピソードに大爆笑がおこり、会場がますます和やかな雰囲気になった。

◆これからの日本活動でやりたいことはありますか?
ミヌ 「あります! 日本で一番大きな公演会場で、100%のワンマンライブをしてみたいです。 そしてそこで絶対にやりたいことがあるんです。 (と、言いながら高音の発声練習をしたあと) アリーナ~!!1階も2階も盛り上がってるぅ~?!!(笑)」
ヒョクジン 「僕は日本語をもっと勉強してうまくなって、日本のテレビ番組にも出てみたいと思います。」
H3

ここで 記者向けのフォトタイムが設けられたが、100%がさまざまなポーズをとるたびに、ファンからは「かわい~~!」「きゃ~!やばい。」「かっこいい!」という声があちこちから聞こえてきた。 本当にファンから愛されているグループだと感じる一コマとなった。 それほど愛される理由がよくわかるほど、100%はとても明るく、また真面目なのにユーモアもある素敵なグループだった。 もちろん歌やダンスの実力も十分に兼ね備えている。
A18

フォトタイムが終わると、ステージに一列に並んでシングル収録曲『snow』を歌った。 別れた人を忘れることができない切ない気持ちを歌った究極のバラードで、冬のどことなく寂しい雰囲気とよく合っていた。 伸びやかな声で、この曲の歌詞が描く世界を聞く者の心にしっかりと届けていた。
J5
A22
◆最後に一言ずつお願いします。
チャンヨン 「寒いにもかかわらず毎日僕たちに会いに来てくださって、本当にありがとうございます。ついに今日、日本デビューを果たし、これからはずっと楽しいことばかりあればいいなと思います。」
ミヌ 「今日は皆さんの貴重な時間をさいて、僕たちのリリースイベント・日本デビュー記念記者会見においでくださり、記者の皆さん、ファンの皆さん、本当にありがとうございます。 僕たち いよいよ スタートをきることになりました。 誠実にそして一生懸命、階段を上っていきたいと思います。 皆さんもどうか僕たちと一段一段一緒に上っていただけたらありがたいです。 僕たちこれからも頑張ります。」
ロクヒョン 「歌手にとってデビューの場というのは、本当に意味深いものになります。 なので今日のステージは一生忘れられないステージになると思います。 これからも一生懸命やってステージの上で常に100%の姿をお見せできるように、努力していきたいと思います。 頑張ります。」
ヒョクジン 「今日いよいよ日本デビューしました。 スタートですので、これから更に気を引き締め、取り組む100%になりたいと思います。 これからたくさん会いましょう!」
ジョンファン 「皆さんがいるから、僕たちは毎日毎日ドキドキします。本当にありがとうございました!」
J12

最後に『Eternal』を歌った。 流れるような美しいメロディーは耳に馴染みやすく、歌詞に描かれたストーリー・・・今から別々の道を進んでいく二人だが前向きな気持ちでそれぞれが歩んでいこうとする光景が目に浮かぶようだった。
A28

歌い終わると大きな歓声に包まれながら、ファンに大きく何度も手を振りステージをあとにした。 その後、CD購入者との特典会に臨み、デビュー日の素敵な思い出を作った。
A29

2年間の充電期間がいかに有意義に使われていたのかが、彼らの迫力あるパフォーマンスから伝わってくる。そしてパフォーマンスを終えると、誠実かつ人懐っこい人柄でファンに温かく接するところも とても魅力的で、しっかりとファンの心を掴んでいる。 今後もファンと一緒に一歩一歩、着実に前に進んでいく100%に注目し続けたい。 2017年は彼らにとって飛躍の年になるだろう。
A14

◆『How to cry』 MV ⇒ https://youtu.be/cjKtjg9Ia68
◆100% JAPAN OFFICIAL HP⇒ https://100pct.jp/
◆100% JAPAN OFFICIAL Twitter ⇒ @100PER_JPN
CD

初回限定盤
100_Howtocry_LTD-

通常盤 Type-A
100_Howtocry_NML_A-

通常盤 Type-B
100_Howtocry_NML_B-

通常盤 Type-C
100_Howtocry_NML_C-

メンバー別ジャケット盤
100%めん別ジャケ

CD (5種)
価格:各602円+税
品番:TS1P-5005 ~ 5009
<収録曲> 1. How to cry

◆100%プロフィール
100%プロフ
100%の努⼒と100%のチームワークにより完成された、ミヌ、ロクヒョン、ジョンファン、チャンヨン、ヒョクジンの5⼈からなる韓国のボーイズグループ”100%(ヒャクパーセント)”。
Energetic Boy Groupといわれる100%は、その名の通りエネルギーあふれる躍動的な歌と⼀⽷乱れぬパフォーマンスが特徴。
2012年9⽉18⽇にミニアルバム『WE,100%』でデビュー。フレッシュな男性美が溢れ出すパフォーマンスでK-POP界に衝撃を与えた。2014年7⽉に発表した『100% Cool Summer Album ʻSUNKISSʼ』以降、約2年間の充電期間を経てついに昨年10⽉に「Time Leap」でカムバック!!
さらに、1⽉25⽇には⽇本デビューも決定し、⽇本での活動もいよいよ本格化していく。新たに成⻑を遂げた彼らのステージの幕が上がる・・・!!