F2

韓国で多くの人に愛されているミュージカルのひとつ『어겪사(オギョクサ)』が、日本版『あなたもきっと経験する恋の話』として2017年5月、ついに日本上陸した!
それもなんと、オール韓国人キャストによる初の全編日本語での上演!
韓国のミュージカルは数多く日本でも上演されているが、字幕と舞台の両方を見なくてはいけないため、なかなか演技を観ることに集中できないことも多い。 しかしこの作品は全編日本語のため完全にストーリーにハマりながら観劇することができる。

5月5日~14日まで 新宿シアターモリエールで上演される『あなたもきっと経験する恋の話』はタイトルからして、なんだか気になってしまう・・・・。このミュージカルでは、明るく元気なモテ男トングと、その友達で 恋愛に不慣れで奥手なテピョンという対照的な二人の恋の話が描かれている。
モテ男トングには ApeaceのワンチョルとTRITOPS*のイルグン、 奥手なテピョンにはApeaceのヨンウクと 大国男児のカラムが それぞれWキャストで公演を行う。

今回、公演の後半戦を担うキャスト、トング役のTRITOPS*のイルグンと テピョン役の大国男児カラムに話を伺った。 この二人の組み合わせでの上演の初回を終えたばかり、5月11日 昼公演直後だったにもかかわらず、とても丁寧かつ にこやかに答えてくれた。

◆イルグンさん、カラムさんでの公演がスタートしましたが、思っていた通りにできましたか?
カラム 「思っていたよりも うまくできたと思います。 でも、まだお互いに満足していないから・・・。」
イルグン 「うん、そうですね。」
カラム 「練習の期間がとても短かったので、出来上がりへの期待基準がちょっと低かったんです。 でもそれよりは うまくできたので 自分たちでは満足していますが、全体的に点数をつけたなら まだ80点にもなってないですね。」
イルグン 「稽古場で ふたりで練習する時よりは、ちょっと緊張もしたし、自分たち的には まだ満足出来なかったんですが、今から もっと舞台に慣れて 最後にいくまで どんどんどんどん、ますます楽しくなっていくと思います。」

◆かなり早口で長いセリフを言うシーンが何度もありますが、日本語が とても上手なお二人でも こんなセリフは苦労した・・・というようなところはありますか?
カラム 「もともと単語自体は知っていたのですが しゃべる機会のない “発がん性物質”とか・・・。 そういう珍しい言葉の 滑舌にちょっと苦労しましたね。 あまり使わないですよね。」
イルグン 「僕はテピョンよりは、セリフでは 難しい言葉が少ないとは思うんですが、速く長いセリフを言うのが難しかったです。」

◆ご自身と同じ役を 演じられた、イルグンさんならワンチョルさん、 カラムさんならヨンウクさん、このふたりの公演をご覧になってどのように感じましたか?
イルグン 「ワンチョルくんのトングは 本当に元気で、エナジーがすごくて・・・。 ワンチョルのトングを観て,彼の元気さがとても羨ましかったです。 僕も もうちょっとテンションを高くしなくちゃって思いましたね。」
カラム 「同じ役を演じる ヨンウクに特に注目しながら観ていました。 僕は韓国でこの作品に出演していたんですね。(※カラムは 韓国ではモテ男 トングの役で出演していた) なので他の3人よりは この作品を理解している段階が最初から高かったので、練習の時、うくちゃんが 僕のことを見ながら、練習をしている・・・真似しているっていうのをすごく感じて、最初とてもプレッシャーでしたね。 でも、真似をして、そのあと自分のものにしてから演じるから、新しい味が出ていて・・・。 うくちゃんの そういう部分を観つつ、“あ!ああいうところもあったんだ!” っていうテピョンの新しい部分を 発見をして、ウクちゃんから いろいろ教わることがあったり・・・。 むしろ、僕のほうが勉強になりましたね。」
K3

◆イルグンさんの演じるトング、カラムさんの演じるテピョンは すでに公演を終えたApeaceの二人のキャストとは こういうところが違うぞ、こういうところでもっと魅せるぞっていうところは?
カラム 「一応・・・。 デカクないっていう・・・(笑)」
イルグン「(笑) たしかに~!」
(※Apeaceの二人は、かなり高身長。)
カラム 「いや、いろんなものでも 大きさって大事じゃないですか(笑) いや、そういうのって見ているかたにも影響があるっていうかね。」
イルグン 「(僕たちは)安定感があるっていう(笑)」
カラム 「僕たちは すごく地面と近いから(笑) 中心をちゃんととっているっていうか(笑)」
イルグン 「安定、安定!(笑)」
カラム 「それ以外は、あのふたりは 僕たちふたりよりは若いから、若者の元気さがあって・・・。」
イルグン 「うん、それはしょうがない・・・(笑)」
カラム 「そのチカラには勝てないけれど、大人の余裕的な姿?(笑) 」
イルグン「そうそう!(笑)」
カラム 「落ち着いた感じと言うか・・・。」
イルグン 「二人のトングとテピョンを観て勉強になったのは、あの二人は観客の皆さんが どういうところで笑うかを ちゃんと知っていて・・・・。 (練習が始まった時の)最初の姿から見てきただけに、そこまで成長したんだなって感動しました。 あのふたり、とても魅力があるので、僕も ワンチョルとヨンウクに負けないように頑張ろうって思います。」

◆カラムさんは韓国ではモテ男トング役、今回の日本上演では奥手なテピョン役ですが、それはご本人の希望?それともオファーで今回の役が決まったのですか?
カラム 「オファーからですね。」

◆ではなぜ自分に今回はテピョンでのオフアーが来たのだと思いますか?
カラム 「う~ん、日本語が少ししゃべれるし・・・。 同じ作品をやった事のある経験者だから練習しやすいから選んでもらえたんじゃないかな?(笑)」
イルグン 「カラムくんのこの作品の理解力が高いので。 テピョンってこの作品をリードする役だと思うので、カラムくんがテピョンに選ばれたんだと思います。 完璧だと思いますよ。」

◆カラムさんの演じるテピョンは ご覧になったファンのかたから 「キモい」という、カラムさんが今まで生きてきて一度も言われたことがないような言葉の感想を言われたと思うのですが、役者としてその言葉を聞いてどう思いましたか?
カラム 「一番嬉しい言葉、最高の褒め言葉ですね。 本気で気持ち悪いってことではないし(笑) 役者として いい言葉ですね。 舞台ってLIVEとは全然違うし、こういう言葉をもらうと “役者として認められたな”って感じがして、すごく嬉しいですね。 これからもっと気持ち悪くしていこうっていう(笑) そういう勢いが出てきちゃいますね! もっとっていう(笑)」

◆イルグンさんは今回モテ男で、ちょっとチャラい男の役ですが、ご自身の中でトング的要素は 何パーセントくらいありますか?
イルグン 「(笑)いやぁ、全然~~(笑) ご覧になったファンの皆さんからは、“イルグンそのままだった”と 言われたんですが、役としては嬉しかったですが、普段の僕は60%、70%・・・・は違う、逆ですね(笑) 30%くらいは合ってるかな?(笑)」
14G

◆ではカラムさんはテピョン率は?
カラム 「意外と50%以上ですね。」
イルグン 「真面目だもんね。」
カラム 「僕はこうやって人がいっぱいいる時は 話せるんですけれど、ふたりきりになっちゃうと奥手で話せないんですね。 会話していても なんか、緊張してかんじゃったり・・・。 何を話してるのか頭がまっしろになっちゃったり。」
(※先日のインタビューで同じテピョン役のヨンウクが、同じように 誰かとふたりきりなるとうまく話せないと語っていたと伝えると)
カラム 「さすが!(笑) 同じテピョンだ(笑)」
K4

◆もしもイルグンさんならトング、カラムさんならテピョンが自分の友達だったら、なにか言ってあげたいこと、アドバイスをしてあげたいことはありますか?
カラム 「役者としての立場から テピョンに “今日、気持ち悪いって言われたから、もっともっと気持ち悪く行こう!”っていう言葉を伝えたいですね。 “役にハマりなさい!”って。」
イルグン 「僕は“もっとチャラく。もっと面白く”って。 僕が見たトングの役ってこの作品の中でとても面白いキャラクターなんで、“もっと面白く、楽しく、チャラく・・・やってください” って(笑)」

◆おふたりは実生活でどんな方法で告白をしたいですか? 自分の演じる役の告白の仕方はどう思いますか?
イルグン 「僕はトングみたいに、告白をしたいですね。」
カラム 「僕はテピョンみたいに、目の前でつきあってくださいなんて言えないから・・・。 恥ずかしいから、携帯とかでメッセージを送って・・・。あ、でも これって最低ですね(笑)」

◆今回、ラブシーンや ちょっときわどいシーンが何度かありますが、実際ファンのかたの前で演じることについて 緊張したり、意識したりはありますか?
イルグン 「最初はちょっと思ったんですけれども、俳優として 僕の成長した姿を見せるのが、ファンの皆さんにとって いいことだと思っているので、今は全然そういう考えはないですね。」
カラム 「僕たちのそういう姿ってなかなか見れないですからね、そういうのって(笑)」
イルグン「そう!(笑)」
カラム 「最初は、演出のかたから “実際にキスをしなさい”って言われたんですけれど、Apeaceの ふたりも含め4人で 一生懸命拒否して(笑) “ダメですよ! 日本での習慣、事情ってものがあります! 大好きなファンのかたに そういう姿を見せちゃアカン”・・・って(笑) ご覧いただくとわかるように実際はやっていないんで・・・。 実際にやっちゃったら ”あれっ? えっ?・・・・“ってなっちゃうから・・・。 その場面で観劇への集中が切れてしまうこともあるから、それはいやなので。 自然な流れで最後まで見て欲しいから。」

◆イルグンさん、カラムさんは違うグループで、なかなか一緒に練習をすることが難しかったと思いますがどのようになさっていたのですか?
カラム 「僕が韓国にいる間も、僕と練習をするためだけに イルグンさんはわざわざ日本から韓国に来てくれて、韓国で最初は練習していたり・・・。 頑張ってやりたいっていう気持ちが イルグンさんからすごく伝わって来て。 僕も最初は自分はやった事のある作品だからと 余裕を感じていたんですが、イルグンさんの情熱的な姿を見て、また新たに僕の中にも火がついて、一緒に頑張りましょうっていう気持ちが沸いて。 練習がはじまってから、最初 僕たち結構頑張りましたよね? (と、言いながらイルグンを見る)」
イルグン 「(うなづきながら)はい。 そして、今回の演出家さんは韓国人なのに、日本語で演技しなくてはいけないから カラム先生がいなかったら ここまでやれなかったですね。」
カラム 「いやいや~。(笑)」
イルグン 「本当にカラム先生には いろいろ教えてもらったし、ワンチョルくん ヨンウクくんにも カラムは一生懸命教えてあげていたし。 本当にありがたかったです。」
カラム 「そうですよね(笑) あれっ?僕 いま、自分でも “そうですよね?”って言っちゃいました?(笑)」
イルグン 「(笑)」
カラム 「教える分のギャラも もらわなくちゃな~~(笑)」
イルグン「(笑)そうだよね!(笑)」
13G

◆では、最後にこの公演の魅力を思いきりアピールしてください。
カラム 「実際に恋の経験がないかたも、あるかたも、現在恋愛中のかたも・・・。 来てくれたら誰でも 現実的な恋の話を観ることができきます。 恋をしている間に起こるいろんな状況も観れるし・・・。あと、アイドルが出演するので目が楽しいし。 他のK-POPのかたよりは少し日本語が話せるから、そこも注目してほしいですね。 全編日本語での上演は、今回が初めてだと聞いたので、それも注目してほしいですね。 韓国でも ロマンティックコメディー作品として上演されましたが、笑いをとれる部分が 韓国式(※韓国語での上演)だと ちゃんと伝わらない部分がある心配がありますが、そう部分も 日本語公演ではちゃんと日本に合うように修正されているし、笑いも涙もとれる・・・そういう魅力がいっぱいの作品なので是非観に来てください。 字幕があるといい表情も見れず、本当に面倒くさいと思いますが、全編日本語なのでちゃんと演技を観てもらえると思います。」

 

全編通じてユーモアに溢れ、爆笑続きのセリフがスピーディーにやりとりされる。 そんな中で、過去の自分の経験と重ね合わせて共感できるところがたくさん見つけられる。
好きな人がいる時の幸せで楽しい気持ち、好きだからゆえ 小さなことへも嫉妬に苦しんだり、素直になれなかったり・・・。 逢いたくて仕方ないのに、逢えなくて悲しい気持ちになってしまったり・・・。 そんな誰もが一度は経験したことのある場面が、あらゆるところに ちりばめられている。 ウキウキしたり、落ち込んだり・・・そんな感情の起伏表現と自分の過去の経験を重ね合わせながら楽しむことができる。  全編日本語上演のミュージカル『あなたもきっと経験する恋の話』は、字幕という煩わしさから解放され、演技に集中して 恋の世界にハマることができる。 現在恋愛中の人も、そうではない人も、恋の甘さやほろ苦さを感じに シアターモリエールに足を運んでほしい。 人を好きになることの素晴らしさを再認識できる・・・そんなステキなミュージカルに仕上がっている。
F3

◆◆ ミュージカル 『あなたもきっと経験する恋の話』 ◆◆

✝♡✝♡✝♡✝♡✝♡✝♡✝♡
初めて恋愛する時の胸のトキメキって知ってますか?
告白しようかどうしようかのドキドキ感って知ってますか?
些細なケンカで別れてしまったりすることって知っていますか?
別れた後に死にたくなるくらい辛い・・・でも死ねない・・・そんな気持ちって知ってますか?
✝♡✝♡✝♡✝♡✝♡✝♡✝♡
韓国で上演されたミュージカル【어겪사】(オギョクサ)が、初めてのオール韓国人キャストによる、全編日本語でのミュージカルとして日本上演が決定!

このミュージカルは、誰でも経験する甘くて苦い恋愛ストーリー。
明るく元気なモテ男トング役をワンチョル(Apeace)とイルグン(TRITOPS*)、恋愛に奥手なテピョン役にヨンウク(Apeace)とカラム(大国男児)がそれぞれWキャストで演じます。
歌にも日本語にも定評のあるKPOPアーティスト4人が演じる日本語でのミュージカルに是非ご期待ください!

■公演日程:2017年5月5日(金)~5月14日(日)全18公演
■会場:新宿シアターモリエール
■出演者:ワンチョル(Apeace) ヨンウク(Apeace)
イルグン(TRITOPS*)カラム(大国男児) 他
■チケット:全席指定 8,800円(税込)
■演出:パク・ミンギュ
作家:アン・テギュ/作曲:イム・ジェヒョン/舞台監督:ヨ・ドンユン
■主催:『あなたもきっと経験する恋の話』実行委員会
企画:Aid B&A Company , Hyeinsa Company
制作:ライズコミュニケーション
協力:CJ Victor / GO-FORWARD / VL.ent /Rise Communication

★出演スケジュール(予定)
ちょるうくミュ3

※出演者並びにスケジュールに変更がありました場合には何卒あしからずご了承ください。
出演者変更の場合でも他日への変更、払い戻しは致しかねます。

★来場特典&アフターイベント決定
あな恋特典会

★★ チケット販売 ★★

●当日券は各回開演30分前より販売(完売公演もあるため、詳細はご確認ください
●観劇なさったチケットをご持参にて劇場にてチケットを購入するとリピーター割引が受けられます。

———————
〈STORY〉
今まで恋愛経験が一度もないテピョンは、今日も合コンに出かけたけど女の子にフラれた。
1人公園で落ち込んでいたテピョンは、運動をしにきていたジンソンに一目惚れし、彼女にどうやって告白をするべきか、親友のトングに相談をする。
そしてトングから教えてもらったノウハウをもとに、ジンソンに告白をしようと準備をするが…

一方、10年以上友人だったトングに恋の感情を感じ始めたボラは、勇気を出してトングに告白をする。
友達関係から恋人関係になったトングとボラは、理想的でラブラブな恋愛をスタートする。
————————

★公式HP⇒ http://risecom.jp/anakoi/
★公式 Instagram⇒anakoi2017
★公式 Twitter⇒ @anakoi2017

★大国男児 公式HP⇒ http://daikokudanji.com/
★大国男児 公式Twitter⇒ @DDJOFC (https://twitter.com/DDJOFC

★TRITOPS* 公式FC ⇒ http://fan.pia.jp/tritops-evergreen/
★TRITOPS* 公式Twitter ⇒ @tritops_jp (https://twitter.com/tritops_jp
★TRITOPS* 公式ブログ ⇒ http://ameblo.jp/tritops-jp?frm_id=v.jpameblo

ちょるうくみゅ2