2017 年8月10日、豊洲PITでは、またひとつ 大きなイベントが開催された。 日韓男性アーティストによるダンスボーカルフェス 「BUZZ-UP 2017 summer」と名付けられたこのイベントは ,過去開催された “本物の熱狂を届ける男性ダンスボーカルフェス BURN-UP”の兄弟イベント。
BURN-UP同様、BUZZ-UPでも 本物の熱狂を届ける男性ダンスボーカルフェスとして日韓の精鋭アーティストたちが夢の共演を繰り広げた。

今回出演したのは
◆オープニングアクト2組
・FAYS
・α-X’s(アクロス)
◆BUZZ-UP NEXT企画アクト2組
・5tion (韓国)
・SUPER FANTASY
◆ライブアクト6組
・lol
・FlowBack
・ROOT FIVE
・SUPER★DRAGON
・CROSS GENE (韓国)
・MYNAME (韓国)
の合計10組。 いずれも高い評価と支持を得ている人気のグループばかりだ。



【ライブレポ 前編】
オープニングアクトは 今年1月より活動を開始した5人組ダンスボーカルグループFAYS、そして α-X’s(アクロス)Aチーム。 α-X’sはパフォーマンス活動以外、個人個人でも俳優やモデルなどさまざまな活躍している。 α-X’s Aチームは高難度のアクロバットを見せた。 両チームともにオープニングを盛り上げる大役を成功裏に終わらせていた。
★FAYS

★α-X’s Aチーム






ステージに登場したのは 司会に抜擢された 韓国人アーティストMYNAMEのセヨン。 そして日本人アーティストからはFlowBackのMASAHARUの二人。 今までのBURN-UPでは、韓国人アーティストによる司会だったが、今回は 日・韓の司会者の登場となった。  偶然にも二人は同じ歳で、「今日で友達になってこれから何か一緒にやりたいね!HARUちゃん。」「セヨンちゃん!」と すっかり うちとけた様子。 ほんわかした同学年トークからスタートした。 2人はライブの途中も時々登場し、公演のスムーズな進行や盛り上げに重要な役目を見事に果たしていた。

最初に登場したのは 2015年日本レコード大賞新人賞も受賞した日本人アーティスト lol(エルオーエル)。 チーム名のlolは “ laugh out loud ” = 声を立てて笑う  から名付けられた通り、人に笑顔と感動を与えたいと考えている男性2人女性3人で構成された現在大注目グループ。 かっこいいパフォーマンスは十代の若者たちの憧れになっている。 新しいアルバム収録曲 『Perfect Summer』など 2曲を披露し、男女混合の特性を生かし自分たちを思い切りアピールしていた。

ライブ2組目は 司会のMASAHARUがボーカルを務めるFlowBack。 2014年LINEオーディションのファイナリスト8組に残った 歌やラップの実力 ・ ダンススキル ・ ビジュアルと全てを兼ね備えた現在 人気急上昇のグループ。 スピード感溢れる3曲メドレーで スタート早々 いきなり観客をつかまえた!
ケガで少しの間休んでいた末っ子のラッパーJUDAIの復帰ステージでもあり、メンバー全員が5人で一緒にできることを喜びながら最後まで駆け抜けた。 ファンがいてくれたからこそ自分たちがいる、そういう思いを込めて作られた『WE ARE!』 や みんなでタオルを振って楽しめる『Let’s Together』など、迫力のステージを存分に見せた。

ここで今後注目したいグループを紹介する“BUZZ-UP NEXT”という企画アクトの1組目、5tion(オーション)が登場した。
自ら作詞作曲をおこない、韓国の有名アーティストにも提供するなど高い音楽性と歌の実力で定評のある5tion。 大人の魅力溢れる落ち着きと 男の色気を感じさせる歌声やダンスパフォーマンスで長い間 変わらぬ人気を誇っている。 日本で今年5月にリリースした新曲 『My Valentaine』など全4曲を披露し、自分たちの魅力を余すとこなくアピールした。

続いて再び ライブアクトに戻り ライブアクト3組目 ROOT FIVEが登場した。 ファンからはルーファイの愛称で親しまれている。「ニコニコ動画」内カテゴリ“歌ってみた”で人気を誇る4人の歌い手で構成されている。 ネットのほか、ミュージカルやドラマなど、個人活動も目覚しく、ネット・リアル双方で活躍しているイマドキを代表するグループだ。 『大逆転エモーション』など4曲を歌い会場を賑わせた。

ライブアクト4組目に登場したのは 「EBiDAN 39&KiDS 星男祭2015」で結成が発表され、当時大きな話題となった SUPER★DRAGON。 現在13歳~18歳という年齢で構成される9人組ダンスボーカルグループだが、その年齢を疑いたくなるほどのスキルで まさにドラゴンのように天を目指して昇り続けている。 重低音のビートに合わせ見事なフォーメーションダンスを見せた。 『PAYAPAYA』では年齢にふさわしいかわいい姿も垣間見せるなど、会場を自分たちに引き込む術もきちんと心得て 大勢の人が集まる公演で、自分たちの持つ魅力を上手に最大限にアピールした。
(※先日のTwitterでは いいね 1000件以上いただきありがとうございました。感謝の気持ちをこめて、多めにUPいたします)


司会の2人はここまで何度か登場する間に、ますます親密に。 トークも弾む。
セヨン 「ひとつHARUちゃんに質問があるんですけど・・・。僕たちMYNAMEは,全員一緒に住んでいるけど、FlowBackもそう?」
MASAHARU 「ボクたちは別々に住んでいるよ。」
セヨン 「え?じゃ、仕事とかある日、集まる時はどうするの?」
MASAHARU 「○○で待ち合わせね・・って感じで、待ち合わせを決めて集まるんですよ。」
セヨン 「これが韓国のグループと日本のグループの違いだね。 僕たちは一緒に住んで一緒に過ごして・・・。 だから日本のグループはどうしてるんだろうって不思議で。」
MASAHARU 「一緒に住むなんてすごいなって思うよ。 」
セヨン 「日本のグループを今日いっぱい見て勉強になりました。 FlowBackを見て、僕たちと同じ5人組で、踊りも完璧で本当に 勉強になりましたよ。」
MASAHARU 「いや、ボク実はMYNAMEさんが大好きで・・・。 一番『K.O.MONSTER』が好きなんです。」
そうMASAHARUが言うと、ニコニコ顔でMASAHARUに駆け寄りハグするセヨン。
セヨン「やっぱり~~!(笑) ちなみに・・・・振り付けはボクが作りましたっ!!(笑)」

【ライブレポ 後編へ続く!!】

◆BUZZ-UP OFFICIAL SITE  http://www.buzz-up.jp/
◆BUZZ-UP OFFICIAL Twitter  @BUZZUP_staff

写真&文:C. OTSUKA