m
俳優ユン・ヒョンミンと女優チョン・ソミンが現在熱愛中だ。しかし、双方の立場が一つにまとまるまで3時間がかかり、その間の主張はすれ違っていた。果たして何があったのだろうか。

9日午前7時頃、ユン・ヒョンミンとチョン・ソミンの熱愛が報じられた。しかし、双方とも即時に公式の立場を示すことはできなかった。ただユン・ヒョンミン側だけが「本人に確認してから明かす」程度のコメントを出していた。

その後、9時頃になってチョン・ソミン側は「ユン・ヒョンミンとの熱愛は、事実ではないと知っている」と線を引いた。事務所が知っている範囲では二人はただの親しい仲間にすぎないということであった。

これと同時に、チョン・ソミンの所属事務所との専属契約は3月付で満了しているということも明かした。もはやチョン・ソミンに関する業務を行っておらず、彼女のプライベートな部分の変化は感知できなかった可能性があるということを示していた。

そして午前10時頃、ユン・ヒョンミンの所属事務所の関係者は「正確な事実関係を確認するために、素早く立場を示すことができず、混乱を与えたことについてまず申し訳ない。本人に確認した結果、二人は昨年、知人たちの集まりを通じて自然に親しくなり、その後、今年からは親しい先輩と後輩の関係から好感を持って交際する関係に発展した」と伝えた。

また「まだお互いについて知っていく段階であり、素敵な関係が続くように応援をお願いしたい」と付け加えた。

熱愛説が報じられて3時間の間に起きた一連のことである。まず双方がともに認めるまで3時間がかかった。否定する主張があったが、これは芸能人が所属事務所を離れる過程の中で彼女のプライベートな部分までは把握しきれなかったものと判断される。

ユン・ヒョンミンとチョン・ソミンは年初から熱愛を始めていた。7日に行われた映画「薬売り」のVIP試写会では一緒に出席した姿がキャッチされていた。

[su_row][su_column size=”1/2″][/su_column]
[su_column size=”1/2″]
[/su_column][/su_row]