2009年4月、Mnetのリアリティー番組「帝国の子供達」に出演し、デビュー前から大きな話題となった韓国9人組アイドルグループ ZE:Aのメンバー Ha MinWoo(ハ・ミヌ)。 2015年入隊・2017年6月に除隊したのち、現在はソロ活動も精力的におこなっている。
さまざまな個性と才能を持った粒ぞろいのメンバーが揃うZE:Aの中で、キレのいいダンスと甘い歌声が魅力のMinWooだが、2018年4月29日&30日、平和島HY TOWN HALLにてファンミーティング『HA MINWOO Fan Meeting in Japan』を開催した。 (※本記事は30日 昼公演)

『Trouble』からスタート。最初から熱いビートで一気に飛ばす。続く『Paradise』では幻想的なメロディーとMinWoo自身の美しさが絡まり 早速MinWoo ワールドへ誘ってくれた。

歌い終わると 可愛い笑顔を浮かべて
「お久しぶりです! MinWooで~す! 今日は天気がいいですね。」
と挨拶した。

MCのAkiも登場し、一緒に公演をすすめていくことになった。
近況を聞かれ
「KCONに出演したり、韓国でもファンミーティングを開催しました。 僕はステージが好きなので とても幸せでした。 テレビに出たりするよりもステージに立つこと、ファンミーティングが好きです。テレビは面白くしなくてはいけなかったりと難しい部分もありますが、(ZE:Aの)グァンヒさんは テレビ番組の天才ですよね。 」

前日も開催した日本ファンミーティングの感想を聞かれると
「嬉しいです。 毎日感謝していますし、ファンの皆さんのために頑張ります! 言わなくても僕の気持ちはファンの皆さんが一番ご存知ですよね? いつも本当にありがとうございます。 去年予定していたファンミーティングが中止になってしまい、皆さんにご迷惑をおかけしてすみませんでした。これからは そういうことがないようにします!」

続いてMinWoo自身がとても好きなアーティストのカバーナンバーを聞かせた。 自分のスタイルとこの曲が合うと思いチョイスしたと語った。

もう1曲 『見える』をダンスパフォーマンスとともに聞かせた。

ここから事前にファンから集めた質問コーナーとなった。
Akiのヘルプを受けながら日本語で書かれた質問を一生懸命読むMinWoo。

『デートするなら どんなところに 連れて行ってくれますか?』との質問に
「映画が好きだから映画に。 あ、でも僕も役者をやったりもしたので、映画を撮るには 役者はすごく準備して撮影に臨むのをわかっているから、映画館では集中して映画を見るだけです(笑)  映画が終わったらごはんを食べて、お酒飲んで…コーヒーを飲んで…バイバイ(笑)」
Akiから バイバイのキスとかないのかと聞かれると
「高い唇だから~(笑)」
と、さらっと上手にかわしていた。


『WEBドラマで見せたように普段は車の運転をしますか?』という質問に
「いつもマネージャーと一緒だし、車をもっていないので今はあまり乗らないです。」

『ライブでギターを弾いて聴かせてほしいのですが?』という質問に
「今回のライブが終わったら、ピアノのレッスンをするつもりです。」
と、突然ピアノのことを答え、 Akiから「質問はギターを弾いてと言っているんだけど?」とツッコまれると、
「あっ!(笑) 日本でもギターってギターのこと?」
とちょっと天然な雰囲気で返し、笑いを誘った。 ずっとダンスだけ練習して来たので、ギターを勧められてもなかなか取り組むことが出来なかったそうで、これからはギターとピアノ両方を練習して、アーティストの中のアーティストになりたいと語った。


『今 一番ハマっていること』を聞かれ、
「ステージです!ステージをやるためには沢山の準備が必要だから、いつも 2ヶ月前から準備しています。」
と、ライブへの熱い思いを表した。

次にファン参加型のゲームコーナー【MinWooを当てろ】では、MinWooに関する質問に○✖で答え、最後まで正解できた数名がステージに上がった。 今回の公演では 海外から参加したファンも多く、タイ、韓国から来日したファンも勝者となってステージにあがっていた。

次のコーナーは【ランダムダンス】。 ZE:Aの曲などに合わせ、MinWooがダンスを披露するというもの。 突然どの曲、どの部分が流れてくるか 全く事前に知らされていない。 久しぶりの ZE:Aの曲。 MinWooが いくらダンスが得意でも、本当に突然流れてくるメロディーで、即その部分の振り付けを思い出すのにはさすがに戸惑う表情がとても愛らしく、ファンを笑顔にした。 ZE:Aの曲の中では『一日中』が一番好きだとアカペラでワンフレーズ歌いながらダンスを披露した。

再び歌を聴かせる時間となり、ZE:Aの『美しい君』を歌った。 洒落たメロディーに合わせ、歌うMinWooの姿がまさに曲のタイトルどおり、とても美しかった。すっかり大人のステキな男性になった姿を見せた。
「皆さんがZE:Aの曲を本当に愛してくださっているので 、普段9人で歌っている曲で歌うのは大変だけど、夜公演も他のZE:Aの曲を準備しています。 次回来る時は、もっとZE:Aの曲も準備しますね。」

続いて MinWooの好きな曲を歌ったあと、MinWooからすてきなサプライズとして抽選で選ばれたファンひとりをステージにあげて、その人のために歌うスペシャルコーナーがおこなわれた。 選ばれたファンを見つめながら『Story』を歌い、花束をプレゼントするなどハッピータイムとなった。

「もう次が最後の曲です。 時間が過ぎるのは早いですね。 雰囲気がよくてテンションもあがり、楽しかったです。」
そう挨拶して最後の曲『Windflow』を歌った。 ダンサーを従え、歌い踊るMinWooはちょっとセクシーな表情を見せファンを魅了し、ステージをあとにした。

アンコールを求める声に応え 再度『美しい君』を歌い 公演は終了した。

ステージに立つMinWooは常に幸せそうな表情で、本当にステージが大好きなのだということを強く感じた。日本での活動も今後ますます 精力的にやっていきたいと意欲を見せていた。 次回の来日が一日も早く実現するのがとても楽しみだ。

text & photo: Chizuru Otsuka


◆HA MINWOO JAPAN OFFICIAL SITE「HA MINWOO Official HOME」 ⇒ https://HAMINWOO.JP

◆HY Entertainment 公式Twitter ⇒ @HY_ent_official (https://twitter.com/HY_ent_official

◆HY Entertainment 公式HP ⇒ http://hy-ent.com/


HA MINWOO  1st MINI ALBUM『THE ROSSO』

1. Trouble
2. Wind Flow
3. 보여
4. Paradise
5. Story
6. Trouble(inst.)
7. Wind Flow(inst.)