2014年、 韓国の 新たな演劇が生まれる場所と名高い大学路(テハンノ)にて初上演されたヒューマンコメディ・バディミュージカル 『マイ・バケットリスト』。

15年、16年にも再演され韓国ミュージカル業界で新たな潮流を作り出した名作。
2016年には韓国文化芸術委員会の‘優秀創作ミュージカル海外共同製作作品’、韓国健増進開発院 ‘生命尊重創作ミュージカル’ として選定されるなど、重厚ながら幅広い世代が共感できるミュージカル作品として ゆるぎない評価を得ている。

 

この世の中には 自分の居場所がないと感じ 死ぬことさえ考える不良少年カング。

余命宣告を受け、生への渇望を強くする少年ヘギ。

 

こんな 2人が出会い、ヘギの命尽きるまで 共にヘギのバケットリスト(死ぬまでに絶対にしたい100のこと)を実行していく。
実行していくことで、命の尊さ、生きられることの有り難さを教えてくれる感動のミュージカル。

『マイ・バケットリスト』は、2017年、日本でも初上演されて以降、毎回大きな感動を与えながら再演を繰り返して来た。 そして2019年4月、また新たなる『マイ・バケットリスト』が上演される。

今回も オール韓国人キャストによる全編日本語での上演。

不良少年カング役は トリプルキャスト。
キム・ヨンソク (CROSS GENE)、 ドンヒョン(BOYFRIEND)、 カラム

余命宣告を受けた少年ヘギは Wキャスト
キム・キュジョン (SS501)、 ヨンミン(BOYFRIEND)

こんな5人の豪華キャストが『マイ・バケットリスト』(※以降 マイバケ)を 見せてくれる。

 

初日前日の2019年4月25日(木)、浅草六区 ゆめまち劇場にてゲネプロ及び、制作発表会が開催された。
まず ドンヒョン(BOYFRIEND) 、ヨンミン(BOYFRIEND)のタッグで、ゲネプロが行われた。

ドンヒョンとヨンミンは日頃同じアイドルグループ BOYFRIENDで一緒に活動している。 この2人がどんな演技を見せてくれるのか、開演前から期待が膨らむ。

 

結果から言えば、期待をはるかに上回る出来栄えだった!
アイドルの演技の域ではなく、完全に役者としての2人の力量を見せてもらった。
もちろん定評のある歌は 心の奥まで染み込んでくる。

日頃はどちらかと言うと不良とはかけはなれたイメージの ドンヒョンだが、パワー溢れた迫力ある演技で不良少年カングのイメージをしっかりと見せてくれた。周囲から不良少年と思われているカングだが、実は 家族との壁などに悩み傷ついて来た繊細な少年。 自分を守るために強がっているが、実際にはとても心優しい少年。 そんな微妙な部分もきちんと理解し、細やかに表現してカングという人間の魅力を伝えてくれた。

余命宣告を受けたヘギを演じるヨンミン。 周りの少年と 変わらない元気な姿から、時間が経っていくに従い、どんどん弱っていく様を本当に見事に演じていた。 前半では余命宣告を受けたことに負けない前向きさを見せ、ひょうひょうと バケットリストを行っていく。 しかし、心の中では大きな絶望感に さいなまれ、生きたくて仕方ない気持ちが ふつふつとし、葛藤を続けている。 そんな部分もしっかり見せた。 表情も豊かで、とてもミュージカル初挑戦とは思えない演技だった。

ドンヒョン、ヨンミンの カング、ヘギは 観る側に大きな感動を与え、上演時間約2時間の中で、私たちに様々なことを考えさせてくれた。 生きていられることのありがたさをしみじみと感じた。 また、強がっているものの 本当はヘギが大好きな不良少年カング、 カングとの時間が楽しくて仕方ないヘギ…。 この2人のいつの間にか芽生えた強い絆の中に 日頃チームメイトであり、お互いを知り尽くし強く信頼し合っているドンヒョンとヨンミンの良い関係を感じることが出来た。

 

この2人以外も全て経験豊かで魅力溢れるキャストばかり。 どのバディも大きく期待出来る。

カング役のキム・ヨンソクは日本語Verに今回で4回目の出演。 過去の公演ではヘギもカングも演じたことがある いわばマイバケレジェンド。 毎回歌と演技のうまさで観客を魅了している。

カラムは前回もカングを演じ今回2回目の出演。カラムの細やかな表現力は誰もが認めるほど。 過去の舞台経験も豊富で安心して見ることが出来るはずだ。

(※カラム写真:オフィシャル提供)

キム・キュジョン(SS501)は今回マイバケ初出演だが、ミュージカル『宮』などにも出演し演技には定評がある。 今回初挑戦のヘギをどのように表現するのか注目だ。
(※キム・キュジョン写真:オフィシャル提供)

 

ゲネプロ終了後、『マイバケスペシャルサポーター』のファンも参加しての制作発表会が行われ、 カング役のドンヒョン、キム・ヨンソク、ヘギ役のヨンミンの 3人が登壇した。

 

まずスペシャルMCで マイバケ出演経験者 インジュンがステージに登場した。

入隊を控え今回が入隊前最後の舞台となるカラムと共に、 5月6日、同劇場でマイバケットリストスペシャルエディションと題し、2公演 ヘギ役で出演することが決定している。 そのため ヘギの衣装で登場したインジュンだが 「司会者としてはスーツのほうがよかったのかなぁ?こんなに写真を撮られるなんて(※撮影はプレスのみ)」と言い、まずは会場を和ませた。

そんなインジュンに紹介され キャストの キム・ヨンソク、ドンヒョン、ヨンミンが拍手に迎えられながらステージに登場。

キム・ヨンソク :みなさんこんにちは。今回カング役の キム・ヨンソクと申します。よろしくお願いします。

 

ドンヒョン :こんにちは。 今回カング役のBOYFRIENDのドンヒョンです。よろしくお願いします。

ヨンミン :ヘギ役のヨンミンです。 よろしくお願いします。

 

◆『マイ・バケットリスト』という作品は韓国のミュージカルで何回も上演されています。今回キャスティングされた時、どんな気持ちでしたか?

キム・ヨンソク :僕はシーズン1からシーズン4迄、全て出たのですが『マイ・バケットリスト』ってこんなに素晴らしい作品じゃないですか。 そして素晴らしい出演者さんたちと一緒に出来て 今回も本当に嬉しいし、頑張って行きたいと思います!

ドンヒョン :僕は本当にめちゃくちゃ、マジで嬉しかったです!!2年前、韓国で(※韓国語で)やりましたが、今回 日本で出来て本当に嬉しかったです!

ヨンミン :僕は色々心配しました。

ドンヒョン :心配しないで~~!(笑)

ヨンミン :(笑) 僕はミュージカルも初めてだし…。 でも、やっぱり.. (※チラっとドンヒョンを見て) 嬉しかったです!!

◆初めて会ったかたもいると思いますが、お互いの印象は?

キム・ヨンソク :僕は ドンヒョンさんが出演していた2014年の『イケメン青果店』というミュージカルにうちの(※CROSS GENE)のセヨンくんも出演したので観に行って、その時挨拶をしました。 そして僕も 2016年に『イケメン青果店』に出たのですが、ドンヒョンさんがやっていた同じ役をやったんです。 運命ですよね。

ドンヒョン :僕とヨンソクさん、ヘアサロンが一緒なんです。 なので久しぶりに会って…嬉しかったです!

ヨンミン :僕はカラムさんを初めて見た時、本当にかっこいい、イケメンだと思いました。 カラムさん、童顔ですよねぇ~。

インジュン :童顔! 童顔!! 僕より いっこ年上なんですけどね….

ヨンミン :あ~、でも…インジュンさんも、童顔ですよ~。

インジュン :ウソ ウソ!! それ、大ウソでしょ?!(笑)

◆ヨンソクくんは 日本で『マイ・バケットリスト』には 4回出演してますよね。 ヘギ役もやったことがありますが、今回はまたカング役です。 どんな気持ちですか?

キム・ヨンソク :去年2月、インジュンさんとは初めてやりましたよね? もうシーズン4になって…。1から4まで本当に嬉しいですが、今回、韓国でお稽古をしたのですが、出演者に先生みたいに 振り付けとか教えてあげて。

ドンヒョン :先生よりも選手みたいに(笑) 本当にうまかったですね!

インジュン :教えてくれて嬉しかったでしょう?(笑)

ドンヒョン :はい、めっちゃ嬉しかったですよ~(笑)

と、最初から何度か「嬉しかった」と言うドンヒョンの言葉を拾い、投げるインジュンをキャッチし、しっかり返して笑いをとるドンヒョン。

インジュン :ヨンミンくん、ヨンソクさんはどうでした?

ヨンミン :やっぱり 先生はバッチリです!!

◆キム・ヨンソクさんは経験者だからみんなに色々教えたようですが、ドンヒョンさんも 日本でやった 韓国語Ver.の『マイ・バケットリスト』にも出演しましたよね? 僕も日本で初めて『マイ・バケットリスト』をやる時、その動画を見て勉強しました。 日本語Ver.と、韓国語Verは ちょっと違いますか?

ドンヒョン :内容のディテイルが少し違います。 追加された部分もあるし、日本語で話すので違いもあります。 一番違うのは…僕。 今回、僕が前に演技したカングとは違います! 本当にうまくなりました!!(笑)

◆ヨンミンさん、ドンヒョンさんの前回の『マイ・バケットリスト』は観ました?

ヨンミン :あ…、観てないです(笑)

ドンヒョン :あんまり僕に興味がないんだな(笑)

ヨンミン :日本での上演だったので、僕は韓国にいたから~(笑)

 

◆今回はヨンミンくんが、誰よりも早く台本を覚えて、一番早く台本をおろして稽古に臨んだって聞きましたよ。 難しかったですか?

ヨンミン :本当に難しかったです。 でも、みなさんが助けてくれて本当にラクに稽古が出来ました。

 

ここから記者からの質疑応答となった。

 

◆キム・ヨンソクさんに伺います。 今まで出演なさってきて一番のベテランになりますが、今回シーズン4で一番、特に頑張ったことはなんですか?

キム・ヨンソク :僕はまだ自分的には日本語のイントネーションやアクセントの実力が足りないと思っているので、今回は本当に台本を見ながらそこに注意して稽古しました。 そして今回新しいキャストのかたがいますが、新しい『マイ・バケットリスト』を作りたいので、僕は経験者としてアドバイスとか、色々ないい所とかを教えながら準備をしました。

インジュン :細かい日本語を練習したってことですね?

キム・ヨンソク :そうです!日本語を大事に。

◆新しいキャストのかたもいますが、みなさんが仲良くなるため、お稽古場で何かやったりしたエピソードなどあれば教えてください。

ドンヒョン :エピソード、ありますっ!

キム・ヨンソク :(笑) あ、ドンヒョンさん、エピソード、あるよね?(笑)

ドンヒョン :仲良くなるために 僕たち、いつも誰がコーヒーをご馳走するかをかけてジャンケンしていました!

キム・ヨンソク :3回くらいやったんですけどね….。いつもドンヒョン先輩が負けて(笑) 全部、おごってくれました(笑)

ドンヒョン :も~、気が悪いです…(笑)

インジュン :僕は稽古場に1回しか行けなかったけど、僕が行った時はそのゲーム、やってなかったですね。 僕は ご馳走してもらえなかったっていう…。 僕にもコーヒー買って下さい!(笑)

キム・ヨンソク :じゃぁ、今日、やりましょうか?

ドンヒョン :今やりますか?(笑)

インジュン :やりましょう!!(笑)

と、突然4人でジャンケンをすることに。大盛り上がりでジャンケン。
初戦で勝ったキム・ヨンソクとヨンミンは大喜びでハイタッチ!

残ったインジュンとドンヒョン….

稽古場では全敗していたドンヒョンは、顔を背けて手だけを出し、インジュンと ジャンケン。
勝ったのは なんとドンヒョン!

ドンヒョン :あ~、やっぱり日本は空気がいいですねぇ~~(笑)

インジュン :僕はMCなので、その権力でこれは無かったことにしようかな(笑)

3人やサポーターたちからの「え~~!!!???」というブーイングに

インジュン :いやいや、終わったあとでちゃんとご馳走しますよ(笑)

キム・ヨンソク :ご馳走してもらった証拠に写真を撮ってインスタとかUPしましょう~!(笑)

◆ドンヒョンさんヨンミンさんは いつもは同じグループで活動していますが、今回は演技で共演なさいましたが、やってみてどうでしたか?

ヨンミン :本当に 一緒にやることが出来て嬉しいです。僕はドンヒョンさんに習うことも多いし、楽しいですよね?

ドンヒョン :楽しいですね。 僕、元々 今回はヘギ役でオファーされたんですが、僕はヨンミンと一緒に演技がしたかったので、カング役で演技をしても大丈夫か聞いて、カング役になったんです。 だから本当に嬉しいですね。

キム・ヨンソク :それ、嬉しいですよね。 インジュンさんもスペシャルエディションをカラムさんとやりますよね?

インジュン :僕も嬉しいです。 メンバーと一緒にお芝居をするのって初めてなんです。ちょっと恥ずかしいところもあるし…。 でも頑張って練習しています。

◆最後に となりのかたが どんなカング(ヘギ)か、「〇〇な カング(ヘギ)」という形で説明してください。

キム・ヨンソク⇒ドンヒョン :ドンヒョンさんは (※芸能界で) 先輩じゃないですか? だからこんな先輩になりたいな、ドンヒョンさんみたいになりたいって思っています。 歌の上手さは前から知られていますが、今回稽古場で見ながら 歌の時にも演技をするんだ…,と思いました。 ミュージカルだから歌も演技なのですが、歌の中に自分の空気を作っているんです。 メロディーやリズムまでも自分の中で自分らしく変えて歌っていて演技しているんですね。

ドンヒョン :あ~~、気分がいいですねぇ! いい質問ですねぇ(笑)

キム・ヨンソク :今回僕も真似してみたいと思いました。

ドンヒョン⇒ヨンミン :ヨンミンは 目が大きいヘギ…ですね(笑) 一緒に演技する時、目が大きいので全ての感情が目に現れているんです。 感情が伝わりやすいですね。 目が大きくて うらやましいですね(笑) そして演技に純粋さが出ています。

ヨンミン⇒キム・ヨンソク :本当のカング…ですね。 カングが本当にいたらこんなイメージじゃないかなって思うくらいです。

インジュン :それぐらいカングとして、見せることが出来ているということですね。

キム・ヨンソク :ありがとうございます。 いやぁ、いい質問だなぁ(笑)

 

会見終了後フォトセッションがおこなわれたあと、サプライズで スケジュールの都合で登壇出来なかった カング役のカラムから メッセージ動画が上映された。

 

カラム :今回制作発表会に参加出来ず申し訳ありません。 僕はこの前『マイ・バケットリスト』を一度やり、今回二度目の参加になります。 今までファンの皆さんのおかげで色んな活動が出来ましたが、今回の『マイ・バケットリスト』が入隊前の最後の作品になりそうで すごく寂しいし、悲しいです。 なので、この作品はとても意味があるし、大事に思って準備しています。本番も楽しみにしていただけると嬉しいです。『 マイ・バケットリスト』は4月26日から5月5日まで浅草六区ゆめまち劇場で公演を行いますのでたくさん観に来て下さい。

 

そんなカラムからのステキなメッセージに続いて、本日登壇した 4名からの特別なプレゼントとしてミュージカルのメイン曲『マイ・バケットリスト』の披露がおこなわれた。歌のうまい4人の歌声は大きな感動を与え、翌日より始まる公演へ期待が膨らんだ。

 

今回4人のトークは通訳なし、完全に日本語で行われた。 そのぐらい、日本語にも卓越したキャストたちが出演する ミュージカル『マイ・バケットリスト』。
今シーズンも、間違いなく人々の心に大きく感動と影響を与える。

 

Text & Photo :  Chizuru  Otsuka


◆公演概要◆

【タイトル】ミュージカル『マイ・バケットリスト』

【日程】2019年4月26日(金)~5月5日(日)

【会場】浅草六区 ゆめまち劇場(東京都台東区浅草1-25-15 ROX1F専用入り口)

【出演】カング役:キム・ヨンソク(CROSS GENE)、ドンヒョン(BOYFRIEND)、カラム
ヘギ役:キム・キュジョン(SS501)、ヨンミン(BOYFRIEND)

【料金】全席指定 9,300円(税込)(当日券あり) ※4歳以上有料(3歳以下入場不可)
リピーター割引:8,500円(税込)※観覧後のチケット1枚につき他公演のチケット1枚を割引価格にてお買い求めいただけます。

【主催】RISE Communication
【協力】CI ENT/コンテンツレインジ

★ミュージカル マイ・バケットリスト 公式HP
https://ticket.rakuten.co.jp/features/mybucketlist/index.html

★ミュージカル マイ・バケットリスト 公式Twitter @Mybucketlist_jp