大ヒット作『怪しい彼女』と同じプロットから生まれ、中国で興収約70億円の大ヒットとなった『20歳よ、もう一度』。このほど、6月12日(金)よりTOHOシネマズ新宿にて先行公開、19日(金)より全国公開されることが決定している本作の、日本版オリジナル予告編が解禁となった。

頑固なおばあちゃんモンジュン(グァ・アーレイ)はプロのバンドを目指す孫チェンチン(ルハン)と大学教授の息子に甘いが、ほかの家族から疎まれるほど口うるさい。やがて、ストレスで息子の嫁が入院すると、家族会議で老人ホームへ入れられる話が持ち上がる。ショックを受け、街でたたずむモンジュンは目にした写真館に惹きつけられる。「一番綺麗だった頃を思って」と写真を撮られると、なんと20歳の麗しき姿の自分がいた。最初は戸惑いを隠せないモンジュンだったが、もう一度青春を取り戻すことを決意し、名前をテレサ(ヤン・ズーシャン)と変え、かつて叶えられなかった歌手という夢を実現するため新たな生活を始めるが…。

本作は、昨年日本で公開され大ヒットしたシム・ウンギョン主演の『怪しい彼女』と同じプロットから生み出されたという、いわば姉妹作品だ。見た目は20歳なのに、70歳のおばあちゃんという難役を演じたのは、『So Young~過ぎ去りし青春に捧ぐ~』などに出演し美貌と美声を持つヤン・ズーシャン。イケメン音楽プロデューサー役には『台北に舞う雪』で日本中の女性の涙を奪ったチェン・ボーリン。そして、元「EXO」のルハンが主人公の孫役でスクリーンデビューを果たし、劇中ではギターの腕前と歌を披露するなど、既に大きな話題を呼んでいる。

今回公開となった日本版オリジナル予告編では、70歳のグァ・アーレイが突然、美貌のヤン・ズーシャンに変身する華やかなシーンから始まる。若返った彼女が歌手になる夢を叶えるために奮闘する物語は、やがてルハンとチェン・ボーリンの微妙な三角関係の行方が気になる展開へ。尚、日本版の予告編は、中国版の予告とは全く異なるオリジナルの予告編となっている。

そして、注目すべきは日本でも多くのファンを持つ元「EXO」ルハンのスクリーンデビューとは思えない演技力だ。監督のレスト・チェンも「ルハンの演技は満点だった」と絶賛!ルハンも初めての映画撮影について「撮影当初はかなり緊張しました。でも俳優の先輩方、スタッフの方々が本当に親切で、僕が尋ねる前に演技についていろいろと教えてくれたので、とても感激しました」とコメント。今回公開した予告編でも映画初出演とは思えない素晴らしい演技を垣間見ることができる。

さらに、エンドロールで流れるルハンが歌うテーマ曲の一部も、今回解禁の予告編で聞くことができる。本作公開まであと2か月、まずはこちらの予告編にてルハンの演技と歌声を堪能してみて。

『20歳よ、もう一度』は6月12日(金)よりTOHOシネマズ新宿にて先行公開、6月19日(金)より全国にて公開。