【オフィシャルレポ到着!】

華やかに彩られたスクリーンに浮かぶ、『808 SHOWCASE』の⽂字。12 ⽉7 ⽇、この⽇はONEUS が⽇本で発表するセカンドシングル『808』のショーケース当⽇。⽇本デビューシングル『Twilight』は、韓国で発表された楽曲の⽇本語バージョンであったが、今回の『808』は⽇本オリジナル曲。ショーケースのオリジナルグッズを⼿に、ファンも期待に胸を膨らませる。流れていた⾳楽のボリュームと照明が落ち、会場は歓声に包まれる。映像が流れ始め、⾷い⼊るように⾒つめるファン。
『Valkyrie -Japanese ver.-』の前奏が流れ、会場の熱気が⼀気に上がる。バックスクリーンにはこれまでのアルバムのコンセプトを⽰す⽉が輝く。韓国デビュー曲の⽇本語バージョンで、ONEUS が愛されるきっかけとなった『Valkyrie -Japanese ver.-』。ファンの掛け声もしっかりと揃う。遠隔操作を⽤いて、会場
に居る全員のペンライトがリズムに合わせて⼀⻫に⾊を変える。照明とのコントラストで、会場を更に⾊付けた。1 曲⽬から圧倒的なパフォーマンスと、ONEUS だけのコンセプトを惜しみなく披露した。

2 曲⽬は8 ⽉にリリースした⽇本デビュー曲『Twilight -Japanese ver.-』。前奏が始まるやいなや 『Valkyrie -Japanese ver.-』に引き続き割れんばかりの歓声が響き渡る。ONEUS の楽曲⼀つ⼀つが、どれだけファンに愛されているかが伺える。楽曲のテンポが変わるに連れてファンがペンライトを振るテンポも変わる。メンバーと⼀緒に会場も楽曲に⼊り混んでいる証拠である。ラストサビ前、ファンウンが持ち上げられる振り付けで楽曲はクライマックスを迎え、2 曲続けてファンを魅了した。

「こんばんは!僕たちはONEUS です!!」最初のトークがスタート。

「⽇本に来るのは久しぶりですね!ファンの皆さんをこんなに近くで⾒ることができて幸せです!皆さんも会いたかったですか?(ファンウン)」

「僕たちは暑い夏に⽇本でデビューしましたが、寒い冬になってまた、セカンドシングルを準備して⽇本に来ることができました。本当にありがとうございます!(シオン)」「⽇本でデビューしたのがつい先⽇のようなのですが、もうセカンドシングルを出すことができて本当に嬉しいです!ありがとうございます!(イド)」

「皆さん、セカンドシングルの発売⽇を覚えていますか?そうです、12 ⽉18 ⽇
です!沢⼭聴いて下さいね!(レイブン)」

「今回のセカンドシングルは、4曲収録されています!タイトル曲の『808』は、⾃分の道は⾃分で切り開く、という我が道を⾏くかっこ良さが込められた楽曲です! (コンヒ)」

「僕はセカンドシングルの中で、『LOST』がオススメの曲です。歌詞が本当に綺麗で、素敵です!(ソホ)」

「僕は『In My Arms』がオススメです。とてもリラックスして聴くことができる曲です!(イド)」

「次に披露するのは、タイトル曲『808』です!盛り上がって⾏きましょう!!(シオン)」


ショーケース前の12 ⽉5 ⽇に名古屋、6 ⽇に東京でリリースイベントを⾏い、既に披露していた『808』だが、まだ⾒たことのないファンが多く、動かずにじっくり⾒⼊る姿が印象的であった。暗がりの中照明とバックスクリーンに演出されたステージは808 のコンセプトを最⼤限堪能することができる。⼒強いサウンドが会場に響き渡り、胸の奥に重く伸し掛かる。安定した歌声とポテンシャルを活かす振り付けで再びファンの⼼を掴み、ショーケースでの『808』初お披露⽬は⼿応えバッチリのようだ。


MC からの「皆さんいかがだったでしょうか!!」という呼びかけに、ファンからは「かっこいい!!」
と⼤きな声が上がった。「ダンスの練習はどのくらいしましたか?」という質問に、

「808 は早い段階でダンスは出来上がっていたので何度か練習して、MV を撮り終わってからまた改めて沢⼭練習したので、いつも新鮮な、新しい気持ちで踊っています!(コンヒ)」

「ダンスを覚えるのは誰が⼀番早いですか?」という質問には、

「シオンが早いですね!(ファンウン)」「逆にレイブンさんが遅いです!(シオン)」とトークを展開し、会場の笑いを誘った。


MV の撮影エピソードでは、「光の展⽰館という所で撮ったのですが、少し特別な場所だったんです。壁や床を触ると、花が舞ったり光輝いたり。(ソホ)」「展⽰館には⾊々な種類があって、特にキラキラ光っている所を⾒ていたら、スタッフの⽅が他にも⾊々あるんですよと⾔って様々なショーを⾒せて下さったのが印象的です。(シオン)」

「ちょうど昨⽇『808』の掛け声が公開されたので、この場で掛け声を練習
したいと思います!(コンヒ)」

メンバーと楽しく練習し、⼀体感に包まれる会場。

「これからのイベントでも沢⼭やって下さいね!(ファンウン)」今後もリリースイベントを控えているONEUS だが、寒さを吹き⾶ばすTO MOON(ファンの総称)の声援に期待したい。


トーク後に披露したのは、韓国でリリースした3 枚⽬のミニアルバム収録曲『Level Up』。韓国の楽曲が⽇本で⾒られるということで、ファンも嬉しそうな表情を浮かべる。⼒強いサウンドにぴったりの、キレのあるステージでONEUS の⾊を魅せつけた。後⽅のファンもスクリーンに映るメンバーの表情から、
楽曲のコンセプトに誘われたに違いない。頻繁に変わるペンライトの⾊と、点滅する照明でさらに躍動感が増し、メンバーのパフォーマンスと会場全体の演出でファンを虜にし続けた。


3 回⽬のトークでは『808』にちなんだゲームを実施。ファンウンチーム(ファンウン・ソホ・コンヒ)と、シオンチーム(シオン・レイブン・イド)に分かれて“808 に合わせろ!”①⻑さをあわせろ!②重さを合わせろ!③時間を合わせろ!の3 つの課題に挑戦し、シオンチームが⾒事勝利。惜しくも負けてしまったファンウンチームはユーモアのある罰ゲームを披露し、会場を沸かせた。ゲームが終了し、「次の曲が最後です…。」という⾔葉に、会場から惜しむ声が上がる。

「韓国で最近まで活動していた、3rd Mini Album のタイトル曲『LIT』です!(ファンウン)」

「歌詞にとても中毒性があるので、皆さんも楽しんで聴いて下さい!(イド)」
前奏が始まり、バックスクリーンも⼀気に『LIT』のコンセプトに染まる。最近まで活動していたということもあって、メンバーとファンの息がぴったりと揃い、会場のボルテージは最⾼潮に。スクリーンのカラフルさに加え、歌詞と共に移り変わるペンライトの⾊で、最後を飾るに相応しい最も華やかなステージを披露した。終盤のダンスブレイクでは、迫って来るような疾⾛感と重低⾳に、会場も現実を忘れて楽曲に酔いしれた。


「ショーケース、沢⼭の⽅々が来て下さって本当にありがとうございます。僕たちは8 ⽉に⽇本デビューしましたが、セカンドアルバムを持ってまた⽇本に来ることができました。デビューした8⽉に⽐べて、皆さんと距離が近くなったような気がして嬉しいです!(イド)」

「今⽇は久しぶりに⽇本でショーケースを開催しましたが、沢⼭の⽅々が僕たちを忘れずに、会いに来て下さいました。『808』はまだ発売前にも関わらず⼀緒に歌って下さったのでとても幸せで、不思議な気持ちです。ありがとうございます!(コンヒ)」

「こうして多くの⽅の前で僕たちの歌を披露できるのは、とても幸せなことだと思います。いつも僕たちの歌を聴いて応援して下さる皆さんに感謝申し上げます。これからも僕たちの歌をお届けしますので、応援お願い致します!(ファンウン)」

「僕たちは⽇本で2 回⽬の活動をすることになりました。何よりも⽇本に来て、こうして歌とステージを通して皆さんとコミュニケーションを取れるのがとても
幸せです。沢⼭の皆さんが僕たちの歌に共感して下さってとても嬉しいです!(ソホ)」

「今⽇は本当に沢⼭の⽅が来て下さったので驚いています。皆さんにエネルギーを与えたいと思っていましたが、逆に貰っちゃいました!ありがとうございます!(レイブン)」

「前回の⽇本デビューシングルが好評だったので、⼼配していたのですが、皆さん良かったですか?今回の活動も応援お願いします!今⽇は沢⼭来て下さ
ってありがとうございました、寒いので⾵邪に気をつけて下さい!(シオン)」

最後はメンバーもショーケースグッズのうちわを持って記念撮影。
惜しみながらメンバーが退場した後、会場からはすぐにアンコールが。彼らには、もっと⾒たいと思える程の実⼒が備わっている証拠である。再び登場し、ショーケースのタイトルである『808』をもう⼀度披露し、トーク中に練習した掛け声の成果をここで発揮することができた。この⽇感じたONEUS とTO
MOON が⼀体となった瞬間の勢いは、これから彼らが花道を駆け抜けて⾏くエネルギーになることは間違いない。今後も活躍し続けるONEUS に⽬を離せない。

12月18日(水)リリース Japan 2nd シングル『808』

ONEUS JAPAN 公式Twitter  @ONEUS_JPN
https://twitter.com/ONEUS_JPN?s=20

ONEUS JAPAN 公式HP   oneus.jp