r (5)制服を脱いで恋の中毒になった“男”としてカムバックしたEXOが、今回は青春のエネルギーを歌った。

3日0時に公開されたEXOの新曲「LOVE ME RIGHT」は、今までのEXOの音楽とは明確に異なるカラーだった。より明るく爽やかでトレンディな雰囲気の楽曲で、軽快という言葉がぴったりだった。

「LOVE ME RIGHT」は明るい雰囲気のダンス曲で、以前リリースした「CALL ME BABY」や「OVERDOSE(中毒)」が男性的な香りの強い音楽だったとすれば、今回はしなやかだ。「LOVE ME RIGHT」を繰り返すサビの中毒性は他の曲と似ているが、歌とラップの構成が異なる。2節の後に続くチャンヨルの速いラップ、その直後に続くセフンのラップが、EXOがタイトルにした他の曲とは確実に違う構成で、より新鮮な印象を与えた。

全体的にファンキーで楽しい雰囲気をリードした。歌詞は愛する人と一緒にするドライブのときめきと幸せを描き、夏によく似合う雰囲気に仕上げた。「Just love me right、Baby love me right」と繰り返されるサビのリズムは妙に中毒性がある。

配信リリースと同時に公開されたMVは、青春映画のような洗練された雰囲気だ。アメフトの競技場と森、撮影セットを行き来しながら青春の華やかさとときめきを盛り込んだ。メンバーの年相応なストーリーで没入度を高め、走り、踊り、激しく運動するメンバーの姿が曲の雰囲気をよりエネルギッシュした。

3月にリリースした2ndフルアルバム「Call Me Baby」で人気を集めたEXOが、新曲「LOVE ME RIGHT」でどのような記録を生み出すのか期待される。