キム·ヒョンジュンと元ガールフレンドAさんが妊娠しているかどうかについて交錯した主張を繰り返した。キム·ヒョンジュンの元ガールフレンドAさんがキム·ヒョンジュンを相手に提起した16億ウォン台の損害賠償請求訴訟の弁論準備期日が3日午後4時30分、ソウル中央地裁で行われた。弁論準備期日は、双方が弁論期日を控えて、全体的な事件の争点と主張をどのように証明するかの計画などを整理する段階だ。これまでの妊娠と流産などを巡って、さまざまな主張を広げた双方は、この日も、他の立場を確認した。

enews24_20150603181007298
この日弁論準備期日が終わった後、キム·ヒョンジュン側の法律代理人は「今日Aさん側で、昨年妊娠についての特別な証拠を出さなかった」とし「無月経4週間という診断書を ​​提出したが、これは妊娠の証拠はない」と明らかにした。続いて、法律代理人側は「A側がキム·ヒョンジュンと交わした文字の内容を証拠として提出するとしたが、これ妊娠の証拠にならない」とし「産婦人科に要求されたという事実照会申請は返事を待っている」と述べた。

これにAさんの法律代理人は「妊娠の事実を客観的に証明する証拠を提出するものである。具体的には方法は明らかに難しい。キム·ヒョンジュンの主張に反論する資料がある」とだけ述べた。16億ウォンウォンの訴訟費用が適正かどうかを問う質問には「適正た考えている」と答えた。先にAさんは、キム·ヒョンジュンを相手に妊娠によるキム·ヒョンジュンとの葛藤と精神的被害などを理由に16億ウォン台の訴訟を起こした。この過程で、昨年5月にAさんがキム·ヒョンジュンに妊娠と暴行による遺産を理由6億を受けたという事実が公開された。Aさんは、昨年12月に再び妊娠をしたとして訴訟を提起した。これにキム·ヒョンジュンの法律代理人は、Aさんの昨年の妊娠と流産するかどうかについても疑問であるとし、5ヶ所の産婦人科に事実の照会を要請した。この日キム·ヒョンジュンは、軍服務中だ出席しなかったし、Aさんも姿を現さなかった。