20150617g12撮影中に鼻骨骨折した俳優イ・ジュンギが18日、「夜を歩く士」の撮影に復帰する。しかし、共に負傷した主演女優イ・ユビはもうしばらく経過を見守らなくてはならない状態だ。

女優イ・ユビ側は17日午後、「イ・ユビは未だ入院中だ。もうしばらく経過を見守らなくてはならないだろう」と明かした。

イ・ユビは去る10日、MBCの新水木ドラマ「夜を歩く士」の撮影中に負傷し、腰部分に痛みを感じているという。当時、イ・ジュンギも鼻骨骨折で手術を受け、一週間ほど安静にしていた。18日に復帰する予定だ。

ドラマ「夜を歩く士」は、「バンパイア士」のキム・ソンヨル(イ・ジュンギ)を中心に、「吸血鬼」というおもしろい素材を通じて甘くて怖いロマンスで、ぞっとするようなスリルを感じさせるファンタジーラブストーリーになっている。