52016年6月19日(日) SE7EN (セブン)ファン待望のライブ『SE7EN 2016 in Japan-RAINBOW-』がNHKホール(東京 渋谷)にて開催された。 SE7EN人気の凄さは相変わらずで、当日はNHKホール3階客席までファンで一杯に埋め尽くされた。

開演時間となりステージ左右から白いスモークがたかれるなか、ステージ後方に高く作られたセットからSE7ENが登場すると大歓声が起こった。 黒襟のついた白いジャケットに白いシャツ、黒いネクタイという、SE7ENの美しさを引き立たせるステキな衣装で 7/7リリースする新曲 『RAINBOW』を歌った。 最新のコンピューター制御技術を用いたペンライトで一斉に会場が黄色に染まった。 とても爽やかなこの曲はオープニングにはピッタリだった。
1

続いて『LOVE AGAIN』ではSE7ENが歌の冒頭部分の 「あの日の“青いピアス” 今でも揺れて」を「あの日の“青いSE7EN棒”今でも揺れて」と、さらっと変えて歌うとファンから大きな歓声が上がり、客席で大きく揺れているたくさんのSE7EN棒と呼ばれる“7”の形をしたペンライトの色が一斉にコンピューターの操作でブルーに変化する洒落た演出もあった。
2

『HIKARI』では歌の上手さに加え、ラップも問題なく かっこよくこなす、さすがのSE7ENを見せつけた。

3曲披露したあと 拍手喝采の中、最初のトークタイムとなった。

「お久しぶりです。SE7ENです」と言いながら上階まで満員の会場を見渡し、嬉しそうな笑顔を浮かべながら
「すごいですね。 今日は僕の-RAINBOW-コンサートに こんなにたくさん、本当に嬉しく思います」と言うと、今度はファンたちのコンサートの反応や感想が気になるようで
「今日?どうですか?どんな感じ??」とちょっぴり心配そうにファンに問いかける場面も。
「-RAINBOW-コンサートだから、オープニングは新しいシングル『RAINBOW』から始まりました。 7月7日に4年ぶりに発売するシングルで、僕にとって意味があるシングルだから すごく気をつけて(気を遣って)頑張りました。 このシングルにはいろんな色の曲がたくさんあるので『RAINBOW』というタイトルに決めました。 次の曲は1stアルバムに入っている曲で、歌うのは10年ぶりくらいです。」
ファンの大きな歓声に迎えられて『BELIEVE』を歌い始めた。 感情を込め、熱唱するSE7ENにファンはただただ聞き入っていた。 続いて 『I’M GOING CRAZY』を歌いながら軽く動かすポーズのひとつひとつがかっこいい。客席に続く階段の中段に行き、ファンを見つめながら歌った。

再びトークとなった。
「『BELIEVE』は,SNSなどの書き込みでこの曲を歌ってというファンの皆さんの声が多かったので歌いました。 今日は3階までファンのかたがいますね。今回のこの-RAINBOW-コンサートは一昨日の神戸と今日の二日しかなくて・・・・。ちょっと寂しいです。 次はもっとたくさんやりたいですね。今度は 7/7 SE7ENの日、ファンミーティングをやります。 この日は『RAINBOW』発売日だからたくさん準備してきますね。 次の曲は結構昔の曲ですが、韓国で発売した大好きなバラードの曲です。」
そう紹介すると『BE GOOD TO YOU(チャルハルケ)』を じっくりと歌いあげた。

「一緒に歌いましょうか?」そう言って次の曲『LALALA』を歌いながら客席へおり、ファンとハイタッチし触れ合った。 ファンから渡された花束を持ってステージに戻った。 大きな花束はSE7ENにとても似合っていて、花束を持った手を高く上げた姿は”華麗”という言葉がぴったりだった。
8

SE7ENがそでに戻っている間 『RAINBOW』のミュージックビデオ(MV)メイキング映像が流れた。 MVでは何種類もの衣装に着替え、ちょっとかわいいSE7ENや、かっこいいSE7ENなど様々な表情を見せていた。

ピアノのせつない音が鳴り響き『ケンチャヌンゴンジ』で、別れに苦しみ続ける男性の心を見事に歌い上げた。 感動したファンたちからは 拍手と歓声がしばらく鳴り止まなかった。
6

「さっきの曲は今韓国で放送中のドラマ “MONSTAR”で流れているOST『ケンチャヌンゴンジ』です。 今回初めて歌いました。(会場が)いい雰囲気ですよね。 皆さんからこんなに拍手をもらって恥ずかしいけど、やっぱり気持ちいいな(笑) 先週(6/10~6/12の期間限定で)オープンした BOOM×BOOM CAFÉに、たくさんいらしていただき感謝しています。 今日は久しぶりの曲、初めて歌う曲などいろいろあります。次の曲も今回初めて歌います。『RAINBOW』のカップリング曲『君が好きだよ』です。」
素敵なタイトル紹介を聞き、ファンからはちょっと照れたように「おぉ~~!」っと歓喜の声が上がった。 ”君が好きだよ、この先ずっと 守りたい 何を犠牲にしても・・・”と 聞くだけで幸せになれるような歌詞と優しいメロディを ステージ中央のスタンドマイクで聞かせ、終わると はにかんだような笑顔を見せた。
7

ステージの大きなスクリーンには「あの時の想い・今の想い・変わらぬ想い・・・ありがとう」という言葉が映し出され『ありがとう』を歌い始めた。 SE7ENが入隊前に 日本での活動を支えてくれたファンに感謝をこめて自身で作詞した『ありがとう』は SE7ENにとってもファンにとっても特別な歌だ。 歌のラストで 「愛してます」と言うと照れくさそうに指ハートを作り、茶目っ気たっぷりの笑顔を見せた。 SE7ENの人柄から出る温かさがファンの心を優しく包み込んだ。
『COME BACK TO ME』では曲の一部をファンが韓国語で大きな声で歌い、それを嬉しそうに聞いていた。 生バンド、生のコーラスに合わせて歌うSE7ENの声量の凄さと 高音の美しさがこの曲をますます感動的なものにした。

客席からは「SE7EN!」と呼ぶ声があちこちから聞こえる中、再びトークとなった。 流暢すぎる日本語でのトークはウィットと愛嬌に富み、いつも笑いの絶えない楽しい時間となる。
「この曲は2003年かな。 時間がすぎるのは早いですね。 あっと言う間。 この曲を歌うときはいつも昔に戻ったみたいな。だから僕はいま、まだ20歳(笑) でも13年が過ぎて・・・(笑) デビューアルバムから13年たって、いま韓国では次のアルバムの準備をしています。 日本で『RAINBOW』の発売が終わったら、韓国でアルバムを発売するつもりなんですけど。  それでいま韓国で毎日一生懸命作っています。 本当にひとりでやるのはそんなに簡単なことではないんですけれど、こんなにたくさんの皆さんの応援がすごく力になるので、いいアルバムを作るようにがんばります! 次の曲は以前 日本に久しぶりに来たときに発売した曲です・・・」
そう言いながら何度か 口がもつれてしまったSE7ENは、そのたびに「はぁ~~・・・」とため息をつき、 悪いのは自分ではなくマイクだと言わんばかりにマイクをやんちゃに軽くペシペシ叩く姿がとてもかわいかった。 客席からはそんな愛らしいSE7ENの姿に大きな笑いが起こった。

『ANGEL』は以前、SE7ENの復活を待ち望んでいたファンのことをSE7ENが天使に例え、SE7ENの誕生日にデジタル配信をしたファンへの贈り物の曲。 とても華やかな曲で、いかにSE7ENの中でファンの存在が大きくて,心に鮮やかに刻まれているのかがよくわかる。

続いて『スタートライン』ではタオル片手に歌い、途中で汗を拭き 客席に投げ入れた。 幸運にもタオルをゲットしたファンは飛び跳ねて喜んでいた。 ファンにステージから手を振ったり、客席に入りファンとハイタッチをしたり ファンへの感謝を できる限りの形で示した。 SE7ENのステージは本当に見事にファンの心をしっかり掴みまくる。

ここで 6/10~6/12の期間限定でオープンしたBOOM×BOOM CAFÉの様子が映像として流れた。 集まったお客様で満員の店内を練り歩いてファンに厚いサービスをする様子や、美味しそうなメニューが爽やかな『RAINBOW』の曲をBGMに たくさん映し出された。

映像が終わると雰囲気は一変。 サイレンの音とともに真っ赤な照明に照らされたステージでは一気に激しいビートが鳴り響く。 革ジャンにサングラスのハードなスタイルで登場したSE7EN。 『BETTER TOGETHER』そしてノンストップで『DIGITAL BOUNCE』へと続いた。 トランスミュージックに会場はクラブのような盛り上がりとなった。 SE7EN自身よく自虐ネタとして昔より年齢が上がったからダンスが前よりキツイと言うが、そんなことはまったく感じない相変わらずのキレのいい、かっこいいダンスだった。
9

「今日の公演はDVD撮影しています。 次の曲は『RAINBOW』と一緒に入る『ケンチャナ』です。 この曲は僕が一番つらかった時に 皆さんから手紙や応援をもらい、”なんとかしないと!”って思った時に作った曲です。 皆さんの応援をもらって 僕はやる気が出て・・・。 その時の気持ちをこめて、皆さんに贈るプレゼントみたいな曲です。 悲しい曲ですが、皆さんがいるからケンチャナ(大丈夫)って・・・・。」
ステージ中央に茶色いレザーソファーが置かれ、そこに寝そべって天井を見上げながらせつないメロディとともに『ケンチャナ』を歌った。 つらくて途方にくれたとき、SE7ENはきっとあんな風に自分の部屋で天井を見上げて過ごしていたのかと思えた。 続いて『UNDER STAND 今更』はソファーに腰掛けて歌ったが、途中で溢れる感情とともに立ち上がり目をつぶって心をこめて歌った。
3
「『ケンチャナ』はケンチャナ?(笑) 次の曲が最後になります。 時間がたつのは早いですよね。 雰囲気がいいから時間が過ぎるのがあっという間。 今日はここまでですけれど、すぐ近いうちに来ますから。」
ずっと一緒にSE7ENと時間を過ごしたいファンからは 「短すぎる」「やだ」「もっとやって」とたくさんの声が聞こえてきた。

「今日は本当に来てくれてありがとうございます。 今日の雰囲気、最高でした。 歌いながらすごく、どんどん気持ちがよくなっていきました。本当にありがとうございます。」

『SOMEBODY ELSE』では, ファンとのコールの掛け合いや、「Every body say, 1・2・3&4  5・6!」とSE7ENが言うと 最高のタイミングでファンが「SE7EN!」と、大きくコールを返す。 ファンとの息はバッチリ合っていた。絆は深い。
『PASSION』で相変わらず見事としか言えない ”SE7EN倒立”を今回も見せてくれた。 興奮したファンを残し、ステージを去ったSE7EN。
ステージの画面には先ほど制作過程を見せた『RAINBOW』のMVが流された。

そしてアンコール。『君が好きだよ』を歌いながら SE7ENが登場したのは、なんと 客席後方の扉からだった。 客席の中を歩き、2階・3階席に近いところまで進み、上を見上げ、手を振りながら「アンニョン(こんにちは)」と声をかけていた。
10
ステージに戻り、一緒にステージを作り上げたバンドやダンサーを紹介した。 ダンサーと横一列に並んで手をつなぎ深々とお辞儀をした。
「今日はもちろんダンサー、バンド、スタッフ、みんな頑張ったんですけど・・・(笑) いや、僕もがんばったけど(笑) 一番がんばったのは僕のLUCKY SE7EN (SE7ENファンの呼称)の皆さんだから。 今日、本当に楽しかったです。 ありがとうございます! もっとかっこよく、もっときれいになって戻ってくるから、ちょっとだけ待っていてね(笑) 次で本当の最後の曲になります。 7/7に発売する『RAINBOW』、聴いてください。」
今日の公演で何度か耳にした 『RAINBOW』は、夏のリリースにピッタリな曲。 希望に満ち溢れた前向きな曲。 SE7ENもとても気持ちよさそうに歌っているのが印象的だった。 聞けば聞くほど、好きになるそんな曲だった。

楽しい時間はこの素敵な曲でおひらきとなった。 曲のラストは銀テープが飛び出し、会場をますますキラキラ輝かせた。 いつまでも 名残惜しそうに手を振り、いたずらっこのような笑顔を浮かべ指ハートを客席に向けると,SE7ENはステージをあとにした。

さすがとしか言いようのない誰もが満足するステージを見せたSE7EN。 以前、所属事務所から独立した後、初のライブで「これからは自分の会社だから自分の好きなように、思うようにすることができるのが独立したメリットだ」と語っていたが、そのメリットをキッチリと生かし、LUCKY SE7ENが本当に楽しいと思える公演をしっかり準備してきた。 ファンたちは 本当に楽しそうに、会場一体となってSE7ENに熱い応援を送っていた。 7/7 、SE7ENの日に発売する『RAINBOW』で、暑い日本の夏に爽やかな風を送り込んでくれる。 最高にかっこいいSE7ENから今後も目が離せない。
4

◆SE7EN日本公式HP   http://lucky-7.jp/
◆SE7EN 日本公式Twitter  @luckyse7enJ
◆ 7月7日発売『RAINBOW』のご予約や詳しい情報は
ビクターエンタテインメント・オフィシャルサイト http://jvcmusic.co.jp/se7en/